こんにちは、店長の西野です。

 

今回はみんな大好き「iPhone」のケースについてお話したいと思います。

「iPhone」は世界中で同じ大きさ・同じサイズで販売されているため、

色々な種類のケースがあります。気分に合わせてケースを変えられるのも

一つの楽しみではないでしょうか。

スポンサードリンク

 

もしこのケースが実は大変危険な代物だとしたら・・・。

 

「iPhone」を傷から守るためには、ケースは必須です。

しかし、そのケースが「iPhone」の放熱を邪魔してしまっているのです。

 

「iPhone」などのスマホやタブレット端末は、本体内にCPUと呼ばれる

高性能チップが内蔵されていて、起動中は常に発熱しています。

この発熱が機械にとっては天敵で、パソコンであれば放熱用のファンが付いているのですが、

スマートフォン等にはそれがないためにどうしても背面から放熱する必要があります。

 

背面をケースで覆ってしまうと、うまく排熱が出来なくなります。

すると必然的にバッテリーの温度がかなり高くなってしまいます。

 

「iPhone」などのスマホに使われているリチウムイオンバッテリーの許容温度は充電時に45度

使用時には60度だそうです。ちなみに、目安としては、カバーを付けない状態であたたかいと感じたら、

電池は50度位と考えてください。

この許容温度を超えると、熱暴走をおこしてバッテリーが通常の数十倍の速さで劣化します。

電池が過熱することで発火や爆発の事故につながり、命の危険にもつながることもあるそうです

そんな危険性があるため、スマホメーカーはカバーを取り外してから充電して欲しいとコメントして

いるようですよ。

ちなみに「iPhone」を炎天下の車の中など高温になりやすい場所に置くと、「高温注意」といった

警告表示が出ます。このようなときは確実に熱くなりすぎているとわかりますね。

「iPhone」は高温になると問題が起こる可能性があると認識した上で、あまりに熱くなった時はケースを

外すなどして対策するくせを付けておきましょう!