iPhoneiPadの製造を手がける会社、Foxconn(フォックスコン)が産業用ロボット「Foxbots」をiPhone6の製造に使うそうです。

スポンサードリンク

 

富士康机器人服务,苹果iPhone6首先使用

http://www.ithome.com/html/it/92822.htm

 

 

産業用ロボット「Foxbots」はまだ製作段階で、最初に手がける製品が、次期iPhoneとして噂されているiPhone 6になるそうです。

 

FoxconnFoxbots(フォックスボット)を導入するにあたり、制作費が1台あたり2万ドル(約200万円)ほどかかるそうです。しかし、Foxbots1台で3万種類の製造に対応可能とのこと。

fox

その他、Foxconnは2014年秋に発売予定のiPhone6のために10万人の臨時労働者を雇ったことが明らかにされています。

 

Foxconnは10万人の臨時労働者と200万円かかる産業用ロボットをiPhone6の製造のために導入しているのです。iPhone6が世界でどれほど注目されているか分かりますね。

 

このFoxconnという会社は、台湾の会社でappleからiPhone6製作の70%を任されています。appleはあとの30%を同じく台湾企業のPegatronへ委託していると報道されているので、iPhone6はほとんどが台湾製になりそうですね。

 

さて、iPhone6の発表でますます注目が集まるiPhone

 

iPhone5siPhone5cが発売されたときには、いち早く新しいiPhoneを使おうと1週間前から行列が出来たそうです。今回も1週間前からケータイショップに並ぶ人が出てくるのでしょうか?

 

パソコンの修理屋さんではiPhoneの取り扱いをしています。

iPhone6が発表され、これからますます注目のiPhone

iPhoneを使ってみたいという方は是非パソコンの修理屋さんへお問い合わせください。