みなさん、こんにちは。

店長の西野です。

 

今回はパソコンを利用する上で知っておきたい、便利な小ネタ特集第5回です。

あれが不便・・・これがめんどう・・・といった操作も、ちょっとしたことで簡単に出来ちゃうこともあるんです。

覚えておくだけでパソコンライフが快適になる!(かも)ちょっとしたネタをピックアップしてきます。

スポンサードリンク

 

 

①読み方がわからない漢字を入力したい場合

文章中で入力しないといけないのに、どうしても読めなくて困ったということはありませんか?

今回ご紹介するのは、そんなときに役に立つ『IMEパッド』の使い方です。

 

imepad

 

こんな感じのものが画面の左下に見受けられるかと思います。

ご利用環境によっては最小化されてしまっていたり、表示自体されていない場合がありますので、見つからない場合は下記を参考にしてください。

 

【Windows XPの場合】

  1. スタートメニューから「コントロールパネル」をクリックします
  2. 「地域と言語のオプション」を開きます
  3. 「言語」タブをクリックし、[詳細]ボタンをクリックします
  4. [言語バー]ボタンをクリックします
  5. 「言語バーをデスクトップ上に表示する」
    「言語バーアイコンをタスクバーで表示する」をチェックします
    (すでにチェックがついているのに表示されない場合は、一度チェックをはずして[OK]ボタンをクリックした後、再度チェックをつけてみます)
  6. [OK]ボタンをクリックして「コントロールパネル」まで戻ります

【Windows Vista・7の場合】

  1. スタートメニューから「コントロールパネル」をクリックします
  2. 「地域と言語のオプション」を開きます
  3. 「キーボードと言語」タブをクリックし、[キーボードの変更]ボタンをクリックします
  4. 「言語バー」タブをクリックします
  5. 「言語バーアイコンをタスクバーで表示する」をチェックします。
    (すでにチェックがついているのに表示されない場合は、一度チェックをはずして[OK]ボタンをクリックした後、再度チェックをつけてみます)
  6. [OK]ボタンをクリックして「コントロールパネル」まで戻ります

 

 

1、まずは「IMEパッド/言語バー」の中にある「IMEパッド」をクリックし、続いて「手書き」を選択して

クリックします。

2、「IMEパッド-手書き」というウィンドウが現れますので、マウスを使って四角の中に入力したい

漢字を書きます(もし手書き欄に何か残っていたら「消去」ボタンで消してから書きます)

3、右側に候補の漢字が出てきますので、該当するものを選んでクリックすれば入力完了です!

4、クリックする前にマウスを該当の漢字の上に合わせる(マウスオーバーする)と、

その漢字の読み方も確認できます。

 

imepad0

 

haru

 

小ネタ特集[第5回]いかがだったでしょうか。

いままで苦労した読めない漢字もこれで一発解決です!。

今後もいくつかピックアップしていきたいと思いますので、ご期待ください。

 

では、よいパソコンライフを!