この「パソコンの修理屋さん」のホームページを見てらっしゃる皆様は、インターネットは日常的に使ってるという方がほとんどだと思います。ただ、ネットで検索するときに、欲しい情報になかなかたどりつけない・・・という経験はないですか? 今日は、そんな時に活躍する便利な検索方法について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

①AND検索(通常の検索)
基本中の基本ですね。例にあげると[パソコン 修理]など、複数のワードを入力して検索します。この場合、左側にあるワードのほうが検索エンジンに重視されます。

 

②or検索
これは[デスクトップパソコンorノートパソコン]のように、ワードとワードの間に「or」を入れます。こうすることによって、どちらか片方でも検索に引っかかれば、ページが表示されます。「or」のかわりに「|」でも代用できます。

 

③マイナス検索
検索した結果、探したい項目が出てこずに、似たような検索結果が沢山出てくることがあります。そのようなときに使えるのがマイナス検索です。たとえば[パソコン おすすめ -ノートパソコン]などで検索すれば、「-」の次のキーワードが検索から除外されたページが表示されます。ネット検索で欲しい情報を探し出す際に、非常に使える検索方法です。

 

④フレーズ検索
フレーズ検索もよく使える検索方法です。[”パソコンの修理屋さん”]のように、「”」で囲って検索すると、「パソコンの修理屋さん」というワードを含むページが検索されます。これが「パソコンの修理屋さん」での検索だと、「パソコン修理屋さん」や「パソコン販売・修理」などのページも表示されてしまいますが、フレーズ検索を使えば確実に、調べたいワードそのもので検索ができます。ネット検索の際にはとても重宝しますよ。

 

⑤ワイルドカード検索
これは一部のワードが分からないときに使用します。[“パソコンの*さん]で検索すると、「パソコンのメーカーさん」や「パソコンの生徒さん」などの結果が表示されます。

 

⑥ストップ語検索
「a」 「the」 「it」 「of」 「in」 「@」 「com」 などの使用頻度の高い英単語をストップ語と言います。これらのされます。これらのワードは、①のAND検索で調べた場合、検索結果から除外されてしまいますが、[+com]で検索することで、検索結果に反映されるようになります。

 

続きは、また今度ご紹介しますね。