こんにちは、店長の西野です。

 

肌身離さずiPhoneを使っていると、バッテリーの充電ががすぐに

無くなってしまいまよね。モバイル用バッテリを繋いでも、重いしも

面倒だったり。などのiPhone専用のバッテリーケースもいくつかありますが、

なんだか大きくてせっかくスリムで軽いiPhoneが台無しになっちゃいます。

 

今回、中国の深圳市というところで活動する「HEVO LABS」という

デザインチームは、iPhoneの背面にピタッとくっつくバッテリーケース

Cabin」を発表しました。

Cabinの特徴はありふれたバッテリーケースではなく、MacBookの

充電ポートに使われているような、ケーブルがマグネットで

ピタッと引っ付く「MagSafe」のような端子が使えることなんです。

ケーブル差し込むのではなく、マグネットで接続できれば充電する

煩わしさも減りそうですよね。

00e2b38f-2542-4d02-8649-0c7a9a2619a4_l

Cabinは2,200mAhのバッテリーを内蔵していて、これをつけておけば

2日ぐらいフルに使っても大丈夫そうです。かなりスリムに

作られているので、他のものより使い勝手もよさそうです。

 

現在Kickstarterでクラウドファンディングを行っており、

約89ドル(約9,000円)出資すればCabinとMicroAdapter、

MagAdapterのセットを受け取ることができます。またMicroAdapterが

付いた、iPhoneを置くだけで充電できる専用ドックも用意されており、

1台59ドル(約6,000円)となっています。

MacBookでも採用されていますし、iPhoneに搭載される日も近いかもしれませんね

140718_cabin2

なかなか便利なものが登場しましたね。

充電の煩わしさも今後解消されていけばいいですね。

 

パソコンの修理屋さんでは、iPhoneの取扱もしております。

ちょっとした相談からでも結構ですので、是非一度ご来店くださいませ。

スポンサードリンク