最近のパソコンにはHDDではなくSDDが搭載されているパソコンも多いですね。店頭で「SDD搭載」と記載されているパソコンを見かけることも増えてきました。今回はHDDとSDDの違いについて解説します。

 

簡単に説明しますと、「SDD」(ソリッド・ステート・ドライブ)「HDD」(ハード・ディスク・ドライブ)も、どちらともパソコンの記憶装置のことです。HDDのほうは知ってる、聞いたことがあるという方は多いとおもいます。現在普及しているパソコンの記憶装置のほとんどがHDDです。

スポンサードリンク

 

まず、HDDの特徴「価格が安い」ことと、「容量が大きい」ということです。1TB以上の大容量でも1万円からで用意することができます。コストパフォーマンスに優れますし、映像などで大容量を保存する場合などにオススメです。ただ、HDDは磁気ディスクに記録してデータを読み書きするので、衝撃には弱いですね。

hdd_structure

一方、SDDの特徴「データが高速で書き込みできる」ことと「衝撃に強く、動作が静か」だということです。SDD搭載のパソコンだと、同じスペックのHDD搭載パソコンと比べて、パソコンの立ち上がりも断然早いです。SDDは磁気ディスクではなく、フラッシュメモリなので静かに動きます。
その分、価格はHDDよりも高価ですが、早くて静かなパソコンが欲しい方にはオススメです。

03_SSD

 

SSDとHDDの主なメリットとデメリット

SSD HDD
100GBあたりの価格
20145月現在)
10,00015,000 1,0002,000
読み/書き速度 450MB/s前後 150MB/s前後
メリット
  • データの読み書きが高速
  • 衝撃に強い
  • 静か
  • 容量が大きい
  • 価格が安価
  • 長期保存向き
デメリット
  • ドライブあたりの容量が小さい
  • 価格が高価
  • 書き込み回数に上限がある
  • SSDに比べると読み書き速度は遅い
  • 衝撃に弱い
  • 周囲の磁気などの影響を受ける

HDDにもSDDにもそれぞれ長所、短所があります。それを踏まえたうえで、お使いの状況に適したものを使ってくださいね。1台のパソコンにHDDとSDDの両方を入れて、いいとこ取りをすることも出来ますよ。

 

「パソコンの修理屋さん」金沢東力店では、ご希望のお客様のPCにSSDを取り付けることもさせていただいています! まずは診断無料の石川県金沢市『パソコンの修理屋さん』までお問合せください。

パソコンの修理屋さん
サンキュー ナナキュッパ
0120-39-7980

グラフィックス1