無線機器で有名な株式会社バッファローから、ポータブル外付けSDDが発売されます。 SDDについては以前、修理屋さんのホームページでもご説明しましたが、フラッシュメモリを用いたパソコンの記憶装置のことです。HDDよりも書き込み、読み込み速度が速いので、最近のパソコンに搭載されているケースも多いですね。

03_SSD

外付けのハードディスクといえば、パソコンのバックアップをとったり、テレビで録画した番組を保存したりという使い方をされている方は多いと思います。この外付けハードディスクの代わりにSDDを使った「外付けSDD」は同社からすでに発売されていました。

スポンサードリンク

 

今回発売されるのは、持ち運びに便利なUSB3.0対応ポータブルSSD「SSD-PZU3シリーズ」(容量512GB、256GB)です。 携帯に便利なポータブルHDDでは、使用中に振動が加わるとヘッドが退避し、データの読み書きをやり直すことがありましたが、SSDを搭載したこのタイプなら、振動に強く、屋外や移動中の使用でも安定したデータ転送が可能になります。

1

 

高速データ通信が可能で、耐衝撃・耐振動にすぐれたポータブルSSDは、こういうのが欲しかったという人も多いんじゃないでしょうか。

 

さらに、保存されたデータは自動暗号化されるので、手間いらず。また、アクセスの際にはパスワード認証が必要なので、万一の盗難や紛失時にもセキュリティ面でも安心です。

 

ターボPC EX2対応 耐衝撃・耐振動/ハードウェア暗号化機能搭載 USB3.0用 ポータブルSSD

容量 型番 価格 出荷予定
512GB SSD-PZ512U3-BK ¥80,300(税抜) 2014年8月下旬
256GB SSD-PZ256U3-BK ¥51,200(税抜) 2014年8月下旬

 

2014年の8月下旬より全国の家電量販店にて発売されます。HDDに比べるとやはり高価ですが、興味のある方はぜひ。