こんにちは、店長の西野です。

今回はなんと、Microsoftが公開したWindows Update(いわゆるWindowsの更新プログラム)が原因で

パソコンが異常な終了をしたり、再起動がうまく出来ないといったトラブルが発生しています。

スポンサードリンク

 

2014年8月13日に公開された特定の更新プログラムをインストールすると「Stop 0x50」というエラーが

発生する場合があり、このエラーが問題を引き起こすと発表されました。

 

その原因となる更新プログラムは下記の4つになります。

・2982791 [MS14-045]カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラムについて(2014年8月12日)

・2970228 Update to support the new currency symbol for the Russian ruble in Window

・2975719 August 2014 update rollup for Windows RT 8.1, Windows 8.1, and Windows Server 2012 R2

・2975331 August 2014 update rollup for Windows RT, Windows 8, and Windows Server 2012

ただ、上記更新プログラムをインストールしても必ず問題が発生するわけではありません。

 

復旧方法としては、パソコンをセーフモードで起動し問題の原因となる更新プログラムを削除するか、

コンピュータの修復もしくは、システムの復元で復旧出来る可能性もあります。

 

もし、「自分では難しい・わからない」という方は、「パソコンの修理屋さん」へお持ちください。

見積もり・診断は無料ですので、一度お気軽にお持ちください。

パソコンの困った!は当店にお任せください。

IMG_8323