気づかないうちにインターネットのスタート画面が切り替わっていた・・・ ということはありませんか?

 

インターネットを立ち上げた際の最初のスタートページはYahoo!JAPANやGoogleなどのナビゲーションサイトを使ってる方がほとんどです。マイクロソフトのMSN JAPANも多いですね。
ユーザーの皆さんの使いやすいスタートページを使っていただければいいんですが、中には意図せずに、身に覚えのないサイトにいつのまにやら変わっていたということも・・・

スポンサードリンク

 

最近多いのが、中国の検索エンジン「百度(バイドゥ)」が運営している「hao123(ハオイーアルサン)」というナビゲーションサイトにいつの間にか変更されてしまっていた・・・というものです。

 

フリーソフトなどをダウンロードする際に、オプションとして付いてくるケースが多いんです。実際にダウンロードする際に、インストール画面をよく読んでチェックを外せばいいのですが、「次へ」や「同意する」を押していくと・・・

hao123_01

このようにインターネットを立ち上げるとこのように必ずhao123のページが表示される事態に陥ります。ただウイルスに感染したわけではありませんので、そういう意味では安心です。もし、このままでも構わないという方でしたら、そのままにしておいても害はありません。

 

また、最初にこの画面になってもYahooやGoogleなどの、よく使うページにすぐ飛ぶこともできます。できますが、毎回毎回そのような手間をかけるのは面倒ですよね。
じゃあスタートページの設定を変えればいいじゃないか、という話になるのですが、なかなか簡単にはいきません。

 

Hao123の消し方
インストールしてしまったプログラムを削除して、さらに各ブラウザでスタートページを戻す設定をしなければなりません。詳しくは「[迷惑]hao123がアンインストールできない!? 削除する方法はこちら。」のページに削除方法が丁寧にのっていますので、このとおりにすればうまく削除できますよ。

 

ソフトのインストール時に、不必要なものも合わせてインストールさせようとするところが多いので、注意が必要です。インストール時にはこういうケースも起こりうるということを頭の片隅において、慎重に作業を進めてください。せっかくのインターネットですから、快適に使いたいものですね。