こんにちは、店長の西野です。

今回はノートバソコンのバッテリーについて問い合わせがありましたので、ご説明したいと思います。

 

スポンサードリンク

デスクトップのパソコンならバッテリーはあまり気になりませんが、持ち運ぶノートパソコンになるとバッテリーの寿命が気になっている人も多いはずです。

 

ノートパソコンに使われている充電式のバッテリーですが、使う年数や頻度が増えるにつれて溜めておける電気容量が小さくなって劣化が進みます。

充電式バッテリーの寿命について、使い方によっても違ってきますが「1~2年ほど使うと新品製品の半分程度しか充電できなくなる」ともいわれています。

 

batteri2

 

そこでバッテリーを長く使えるよう、下記を参考にしてみてください。

 

■1.電池を高温にさらさない

ノートパソコンの温度は基本的に低めに抑えるようにしましょう。物質は高温になるほど化学変化を起こしやすいため、バッテリーの劣化も進みやすくなり寿命が短くなります。

給排気口にほこりが溜まると高温になりやすいので、きちんと掃除してあげましょう。

 

■2.できるだけフル充電をさける

100%の充電だとバッテリーの寿命が短くなりやすいといわれています。パソコンによっては、充電を80%までに抑えるモードを用意しているので利用しましょう。

 

■3.ディスプレイを暗めにする

ディスプレイが明るいと、その分だけ余計にCPUが動くため、バッテリーの消費も多くなります。パソコンでの操作に支障が出ない程度に暗くしましょう。

 

■4.定期的にデフラグする

デフラグして断片化を抑えれば、ハードディスクの読み込みが速くなりバッテリーの消費も抑えることが可能です。

ただし、ひんぱんなデフラグはハードディスクに負担がかかりハードディスクそのものお寿命を短くしてしまいますので注意が必要です。

 

■5.メモリを増設する

ハードディスクを利用する仮想メモリを使わないようにすることで、バッテリー消費を抑えることができます。

パソコンの動作を少しでも高速・快適にするためにもメモリは増設しておくことをオススメします。

 

■6.ACアダプター利用時はバッテリーを外す

ACアダプターにつないでパソコンを利用するときは、バッテリーを外しておきましょう。

バッテリーをつけたままアダプターから通電すると、充電と放電を繰り返すためバッテリーの容量が低下します。

これは案外みなさんご存知ないようで、バッテリーをつけたままという方がほとんどです。

 

batteri1

 

ただし、突然の停電などが起こった場合、瞬時にパソコンの電源も切れてしまいます。

重要な作業をしているときは、データが消えてしまわないようにバッテリーをセットしてから作業してください。