こんにちは、店長の西野です。

今回はパソコンが不調でどうしようもないという場合に行う「リカバリ」についてご紹介します。

 

スポンサードリンク

まずはリカバリ(再インストール)は何かを説明する前に、まずはパソコンの根幹にあるOS(Windows)について少し解説していきましょう。

自分が使いたいと思うソフトは、パソコンにインストールすることによって使用ができる状態になりますが、そもそもOSであるWindowsもソフトウェアのひとつになります。

ということはパソコンにインストールしないと使うことができません。

 

パソコンを自分で作る方(自作・BTO)以外は、店頭でメーカー製のパソコンを購入することになると思いますが、これらのパソコンはすでにOSがインストールされています。

したがって、自分でインストールするという作業は必要なく、パソコンの電源を付ければ起動してくれます。

 

パソコンは使っているうちに調子が悪くなってしまうことがよくあります。この不調の原因が、パソコンのシステム全体の管理をしているレジストリファイルや

Windowsのシステムファイルにあるならば、Windowsをインストールし直さないとやがてパソコンが起動できなくなってしまいます。

 

rikabari

 

このインストールし直す作業を「リカバリ(再インストール)」といいます。

再インストールをする場合にもっとも気をつけておきたいことは、パソコンのHDD内に保存されているすべてのデータ、設定項目、メールの内容などが消去されてしまうことです。

OSの再インストールは、パソコンを購入したときの状態に戻すものと理解すればいいでしょう。

 

rikabari2

 

ハード(ハードディスクやメモリ等)に問題がある場合を除いて、再インストールすることによって間違いなくPCの不調は解消されますが、

また最初からパソコンの設定をする必要がでてくることも覚えておきましょう。

リカバリを行うとデータがすべて消去されるのでバックアップも同時に行う必要があります。データのバックアップ先には、大容量の外付けHDDやDVDメディアなどがあります。

作業を行う前に必ず用意しておきましょう。

再インストール後にデータを戻してやれば、「復元(リストア)」することができます。