こんにちは、店長の西野です。

今回はWidowsとMacでの使い方の違いや、それぞれが特化していることの紹介をしたいと思います。

 

まずは日本では圧倒的なシェアを誇るWindowsについてですが、これはもうみなさんご存知かと思います。

ではWindowsと比べてMacはどこがどう違うのか。

スポンサードリンク

実質的には同じ「パソコン」というくくりなので、出来ることに大きな違いはありません。

例えば、インターネットを利用するであったりとか、メールを送ったり受信したり。

動画を編集したり音楽を聴いたり、Officeソフトで文章作成したり。

どれもこれもWindowsで出来ますし、もちろんMacでも出来ます。

 

windows

 

しかし逆にWindowsでしか出来ないこともあれば、Macでしか出来ないことも中にはあります。

例えば業務用アプリはWindowsでしか対応していないものも多々あります。

あとはゲームの類はWindowsのほうが圧倒的にシェアを持っています。

 

mac

 

ではMacを選ぶメリットがあるのかと言われれば、もちろんあります!

Macはいわゆるその分野において特化されたパソコンであると言えるのです。

ただ、「使える」のではなく「快適に使える」ということですね。

 

例えばMacが多く使われている業界としましては、「印刷業界」や「音楽の業界」はMacユーザーがかなり多いです。

Windowsでももちろん出来ることですが、いわゆる「使いやすさ」でいうとMacに軍配が上がるんでしょうね。

 

ということで、WindowsとMacはもう好みで選んでしまって良いということです。

もちろん使い勝手はみなさんが使い慣れてるものに越したことはありません。

最近はやりの「iPhone」ユーザーであれば、Macを選択肢に入れてもいいかもしれませんね。