こんにちは、店長の西野です。

今回は普段気づきにくいパソコンの不調についてご紹介したいと思います。

 

以前、診断にご来店されたお客様で、「電源が入らない、パソコンがうんともすんとも言わない」という方がおられました。

スポンサードリンク

windows vistaのノートパソコンでそろそろどこかの部品が寿命なのかなぁと思いながら診断していると・・・

コンセントを挿しても通電がない。「あれ?ノートパソコンで電源が悪くなるなんて珍しいな」と思ってたんですが。

実はなんのことはない、ACアダプタがダメになっていただけでした。

このときのお客様はパソコンをよく持ち歩く方で、電源コードをACアダプタにクルクル巻くような感じでした。

 

パソコンだけに限りませんが、電源ケーブルはどうしても根本の部分がちょっと弱いんですよね。

なので、無理なくくり方や持ち方、踏んでしまったり引っ張ってしまったりといった衝撃で断線するなんていうのもよくある話です。

特にパソコンを持ち運ぶことが多い方は、パソコンのしまい方もそうですが、コンセントのしまい方もちょっと注意が必要です。

 

i320

 

まずケーブル部分がねじれてしまうようなしまい方はNGです!

中のケーブルにダメージを与えますし、断線する確率が跳ね上がります。

基本的にケーブルの根本が折れておらずまっすぐになっていることを確認して、ゆるーくゆるーく巻きましょう。

「やさしく巻く」「無理に引っ張らない」「きつく曲げない」

この3つを守っていれば、比較的長持ちすることと思います。