マイクロソフト社は、Windowsの次期OS「Windows10」9月30日に発表しました。

 

現在、Windowsの最新バージョンは「Windows8.1」が出ており、来年の2015年に出る次期OSはWindows9が仮称として広まっていましたが、一つ飛ばしてWindows10としてリリースされることになりました。

スポンサードリンク

 

また、2015年の春頃と見られていた製品版のリリース次期は、2015年後半までずれ込むとのことです。

 

windows_product_family_9-30-event-741x416

4インチから80インチまでを謳い文句にする「Windows10」

 

Windows8は7以前からのユーザーにとって、使いづらくなったという声も少なくありませんでした。パソコンだけでなく、タブレットや一部のスマートフォンもWindowsOS(Windows Phone)で動くようになったことで、タッチパネル方式やアプリの利用に対応したOSへと変わったからです。

 

これまでで最も広範なデバイスに対応した包括的なプラットフォームになることから、これまでのナンバリングの延長になる9ではなく、「Windows10」と名づけたとのことです。

 

Windows10では、「スタートメニュー」が新しく用意されます。Windows 8のスタート画面の(サイズ変更可能)のタイルで、7のメニューを組み合わせた再設計されたスタートメニューが使えるようになります。7のいくつかの機能を復活したことで、7以前のパソコンに慣れている方には8より使いやすくなると思います。

 

tech-preview_start-menu-500x281

Windows10の新しくなったスタートメニュー

 

tech-preview_virtual-desktop-500x281

Windows10の操作画面

 

 

結論として、急ぎでパソコンが必要になった方以外は、来年のWindows10搭載パソコンの発売まで買い替えを我慢したほうがいいかもしれません。XP、7の次にくる長期的な利用の見込めるOSになる可能性が高いですね。

 

テクニカルプレビュー版のダウンロードはこちらから