こんにちは、店長の西野です。

今回は最近お問合せのあったパスワードについてお話したいと思います。

セキュリティ対策の一環として、読んでいただければ幸いです。

スポンサードリンク

 

いつの時代もパスワードを決めるというのはなかなか労力を伴いますよね。

パスワードなんて適当でいいやという方は一度考えを改めてください

これからパスワードの重要性について説明していきます。

 

syosinnsya

 

まずは「脆弱(ぜいじゃく)なパスワード」について紹介いたします。

 

①多くのサイトで全く同じパスワードを利用している

これはもう論外で、もし1つでもわかってしまえばあとは芋づる式にあなたの

「すべてのアカウント」が乗っ取られることになってしまいます。

 

②忘れやすいパスワードを利用している

自分で覚えられないパスワードは意味がありません。中途半端に使ったアカウントはその後放置されても

残っています。もしパスワードが割れてしまえばあなたの個人情報はどこへ向かうのでしょうか。

 

③非常にシンプルで英数字だけのパスワード

例えば「自分のイニシャルと生年月日」がパスワードになっている方は要注意です。

どうぞ盗んでくださいと云わんばかりの状態ということを理解してください。

 

鍵

 

では「自分にとってベストなパスワード」はどのように作ればいいのか。

これは一例ですが、「基本となるパスワード」+「オリジナル要素」という作り方が非常に安全性が高いです。

まず「基本となるパスワード」を決めることによって複数のサイトでも使うことが出来ますね。

そこに「オリジナル要素」を付け加えることによって、パスワードはより強固になると思われます。

具体的にいうと「基本パス:123」に対して、amazonで使う際は123ama、

楽天で使う場合には123rakuといった具合です。

 

このご時世、何があるかわかりません。

パスワードは自分の盾となっていつもあなたを守ってくれています。

自分の個人情報を守るためにも、もう一度パスワードの重要性について考えてみてください。