OS(オペレーティングシステム)はパソコンの頭脳のようなものです。パソコンだけでなくスマートフォンなどにも搭載されています。

主にWindowsとiOSで大別されます。WindowsOSの場合、現在販売されている最新のものはWindows8.1です。来年にはWindows10が販売されますね。

スポンサードリンク

現在、各WindowsOSには「32bit」版と「64bit」版があります。では一体、この2つ何が違うのでしょうか。

 

32bitと64bitの違い


そもそも「bit(ビット)」とは、コンピュータが扱う情報の最小単位のことです。
XPの頃は32bitが主流でしたが、64bitのほうが処理能力が高く、最近のパソコンでは64bitが主流です。今後も更に普及していくことが見込まれます。

 

「32bit」と「64bit」では、「CPU(プロセッサ)」が扱える情報量が大きく異なります。64bit版に対応したCPUを搭載したパソコンをフルでWindowsを情報処理するには、CPUも当然それに伴う性能のものが必要となります。
「CPU」の性能によって32bit版しか使えないのか、64bit版を使えるのかが、決まってしまうということです。

 

自分のパソコンがどちらなのか知りたい場合は、「スタートメニュー」⇒「コンピュータ」を右クリック⇒「プロパティ」を開いてください。システムの種類という項目に32bitか64bitかが記載されています。
system

 

32bitと64bitでは使える「メモリ」や「ハードディスク」の容量にも差が


32bitを選んだ場合は、メモリは実質約3GB(ギガバイト)ほどしか使えません。これは2の32乗が4ギガになるためで、理論上4GBが最大値ということになります。64bitの場合だと、2の64乗は16EB(エクサバイト)となり、GBに置き換えると171億7986万9184GBとなります。もちろん、これほどのメモリを積むことはできません。現在の64bitのOSでは、メモリ上限は8GB~128GBに設定されています。

 

ハードディスクは32bit版だと2TB(テラバイト)が上限です。64bit版だと16EBです。もちろんこんな大容量のハードディスクは一般に販売されていませんので、ハードディスクの部分に関しては特に違いはないと言ってもいいでしょう。

 

64bit版の注意点

64bit版は32bit版と比べていいことばかりですが、本来32bit版で書かれたソフトウェアやドライバを動かすことができないという注意点があります。これは逆もしかりなのですが、それぞれのCPU情報処理方法が異なることが原因です。

実際に周辺機器のドライバなどをインストールする際にも、32bit版か64bit版かを選択する必要があります。なので、今まで32bit版OSのパソコンを使っていて、64bit版に変える際は、今までのソフトや周辺機器が動くかどうかを確認してからにしてください。今は大抵のものは64bit版にも対応していますので、64bit版のプログラムを必ず使用するようにしてください。