こんにちは、店長の西野です。

今回はフリーソフトのインストールの際に気をつけなければいけない注意点をいくつかご紹介したいと思います。

なかにはパソコンに重大な悪影響を及ぼす種類のものもありますので、一層の注意が必要です。

種類毎にピックアップしていきますので確認してみましょう。

スポンサードリンク

 

まずフリーソフトをインストールする際に、チェックボックスが付いているのを見たことが有ると思います。

①

ここで何も考えずに「次へ」を押してしまうと、使うこともない必要なソフトも一緒に入ってしまいます。

主にツールバーの類が多いのですが、まれにこの中に大変危険なソフトもあるんです。

 

ではここから大変危険なソフトの種類をご紹介をしていきたいと思います。

インストールの際にはだいたい書いてありますので(英語の場合もありますが)

必ずよく読んでインストール作業を進めるようにしてください。

 

スパイウェアという名前を聞いたことがありますか?

もう名前からして危なっかしいですよね。

主にする働きとしては

 

・キーロガー(押したキーボードを記憶したりする)等のユーザー監視タイプ

・パソコンの特定のファイルを見つけ出し、勝手に送信してしまうタイプ

・インターネットをしている際に、勝手に他のページに飛ばしてしまうタイプ

・パソコン使用者の許可なしに不必要なファイルをダウンロードさせるタイプ

・パソコンに重大な問題があるという嘘のメッセージを表示させ有料ソフトを買わせようとするタイプ

 

など、個人情報の流用を目的としたソフトが数多く存在します。

フリーソフトという性質上、こういった危険とは常に隣り合わせです。

自衛の意味も込めて、みなさんもソフトインストールの際にはしつこいくらいの注意をしましょう。

 

ちなみに、ツールバーを多数インストールされたバソコンのインターネット風景を貼っておきます。

②

こうならないように注意しましょうね。