こんにちは、店長の西野です。

今回はいま使っているパソコンの健康状態のチェックをいくつかしていきたいと思います。

パソコンで一番大事といっても過言ではない、ハードディスクについてお話します。

現状を把握することで自分がしないといけないことがわかってくるので、是非やってみましょう。

スポンサードリンク

 

①読み込み・書き込みの動作が遅い?

一番わかりやすいものがこの「読み書きの速度が遅い」というものではないでしょうか。

他に開いているソフト等によっても変わりますので、意外と気づきにくい点も要注意です。

CPUやメモリを大量に使うソフトを使っていないのに読み書きが遅くなったと感じたら

ハードディスクの不具合の可能性が非常に高いです。

 

naizou

 

②外付けハードディスクも例外ではない?

いままで使えていた外付けハードディスクが認識しなくなった場合や、パソコン起動時に

認識しないといった症状の場合、かなりハードディスクの劣化が進行していると考えてください。

 

sotoduke

 

③ハードディスクの温度に注意?

内蔵ハードディスクや外付けハードディスクの温度が、普段より高温になってしまっている場合、

内部に著しい物理障害が発生している可能性が高いです。基本的にハードディスクは発熱するものですが、

高温の状態が続くというのは通常ではありえません。メーカーの仕様にもよりますがハードディスクの

温度というのはある程度決まっています。ちょっと触れてみて「あつっ!」と手を引っ込めてしまうような

温度は熱くなりすぎてしまっていると見ていいでしょう。もし、温度が高くなっている状態が続いていて

「カラカラ」や「カツカツ」といった異音がするのであれば、早急な対応が必要になってきます。