石川県は日本でも特に雷の多い地域として有名です。年間の平均雷日数はなんと42.4日と全国でもトップです。だいたい9日に1日は雷が鳴っているとも言えますね。他県から来られた方は、ほとんどビックリされますね…

スポンサードリンク

thunder1-1-1
そんな石川県では雷が原因によるパソコンの故障というのも、必然的に多くなっています。7月~9月に最も多い雷ですが、北陸では秋から冬にかけても多発しますので注意が必要です。石川県の場合は、12月と1月に最も雷が多くなります。

 

そもそも、なぜ雷が原因でパソコンが壊れるのか

雷に伴う停電と、雷サージ(雷によって発生する一過性の高電圧や過電流)が故障の原因となります。
停電については、起動しているパソコンの電源をいきなり落とすことと等しいため、ハードディスクに傷がついてしまいます。
雷サージは、電源線や電話線、通信線(ADSL回線やケーブルテレビ回線など)、アンテナ線などから侵入します。雷が落ちると、瞬間的に3,000~4,500Vもの高電圧が流れます…と言えば、故障の原因となるのも頷ける話かと思います。
大切なパソコンやモデムが故障しないよう、お客様にて対策をとる必要があります。

 

雷ガード機能付き電源タップがオススメ

雷対策の方法としてアース接続がありますが、日本の住宅にはアースを付けられるところのほうが少なく、ほとんどの方がアース接続をおこなっていない・おこなえない状況にあります。アース線カバー完了

 

その他の方法として、雷対策が施されている電源タップの導入があります。電器屋さんや家電量販店などで販売していますし、インターネットで「電源タップ 雷」と検索しても出てきますので、容易に購入できます。kaminari

 

これから冬の雷が多くなってきますので、その前に準備されることをぜひオススメします。