こんにちは、店長の西野です。

今回はパソコン作業で起こる目の疲れについてお話したいと思います。

パソコンに限らずですが、画面を見ていて目が疲れたなんてことはほとんどの方が体験済みだと思います。

目を休めるのも一つの手ですが、それ以外に出来ることもいくつかありますので紹介していきます。

 

スポンサードリンク

①PC用メガネをかける

これに関してはかなりメジャーになりましたし定番ですよね。

パソコンの画面から発せられる光の中で一番強い、青い色の光(ブルーライト)を軽減してくれるものです。

度入り・度無しが選べますので、普段から眼鏡の方も安心してご用意出来ますね。

ちなみに使っている方の感想として、点眼薬の回数が減ったことや目がしばしばしなくなったとのことです。

 

①

 

②モニタ・画面の明るさを落とす

モニタや画面の明るさを落とすことによって、目への負担は圧倒的に少なくなります。

いきなり一番暗いところまで下げるのではなく、だんだんと暗い画面に慣れていきましょう。

徐々に目は慣れてきますので、ちょっと暗すぎ?と思うくらいでちょうどいいです。

ただし動画やDVDを見る際は、ちょっと調整する必要がありそうですね。

 

②

 

番外編 Word・Excelの背景色(システム背景色)を変更する

Windowsの場合、シートの背景は白色になっていますよね。

実は「画面のプロパティ」でこの背景色を変更することが出来るんです。

ここで、「コントラストを下げた色(淡い色やグレー色)にすると目が疲れにくくなります。

えっこれだけ?と思う方もおられるかもしれませんが、一般的に文書を作成する際や

表計算をする際には、常に神経を尖らせついつい画面を「凝視」してしまいませんか?

そのせいもあって実はこの方法、かなり大きな効果を期待できるんです。

 

☆一度パソコン環境を改めて見直してみるのもいいかもしれませんよ☆