プライベートにしろ、ビジネスにしろ、パソコンやスマホからメールを送ることは多々あることです。メールを複数の方に送らなければならないケースもあるかと思いますが、皆さんどのように送っていますか?
メールの「宛先」に送りたい相手のメールアドレスを入力する必要がありますが、「宛先:TO(T)」のほかに、「CC(C)」や「BCC(B)」といった欄があるのをご存知でしょうか?

スポンサードリンク

to_cc_bcc1

「宛先」
「宛先」は文字通り、メールの送信先です。送信したい相手のメールアドレスを入力します。
また、「カンマ(,)やセミコロン(;)」で区切ることで、複数の相手にメールを送ることができます。
ただ、ここで注意しなければいけないのが、この方法で送るとメールアドレスを複数選択した場合、それらの方たちが互いにメールアドレスを見ることができる状態になってしまいます。(メールを送られた方は、自分以外の○○さんにもメールが送られたということが分かります。)
メールを送る方たちが、互いにアドレスを知り合っている関係ならば、問題ありません。

 

「CC」
CCとはCarbon copy(カーボンコピー)の略です。宛先とは別に選択することができます。CCのみを選択するはできません。宛先があってのCCです。

メールを送信するときに、宛先以外の方にも同じメールを送っておきたいときに使用します。宛先に入れても、CCに入れても、同じようにメールを読むことはできます。

ただ、宛先に入れる場合との違いは、CCに送る相手が主たる送信相手ではない、ということです。CCには、「一応この人にも送っておこう」、「こういうメールを送ったことを、情報共有しよう」というようなときに使う欄です。CCに送る相手からの返信は不要の場合に使います。また、宛先とCCに送られたそれぞれのアドレスは、送られた側でも互いに情報共有されるので、仲間内やビジネスメールでよく使われます。宛先の送信相手とCCの送信相手が知り合いでないならば、使用しないほうがいいでしょう。

 

「BCC」
BCCとはBlind Carbon Copy(ブラインドカーボンコピー)の略です。CCと同様に、宛先以外の方に同じメールを送るときに、BCC欄にメールアドレスを入れます。CCとの違いは、BCCで送る相手のアドレスは他の送信相手には見られないということです。同じメールを一斉に送信したいけれど、送信相手のアドレスを他者に公開したくないときに使うのがBCCです。ブラインドで覆われて見えない、ということですね。

注意点として、宛先に入れたアドレスは他のBCCで送った相手から見ることができてしまうので、宛先には便宜上自分のアドレスを入れておくといいでしょう。そうすると、メールを受け取られた方は自分のところ以外に誰に送られているのかはまったく分からなくなります。

たとえば、メールアドレスの変更のお知らせをしたいような場合には、宛先には自分のメールアドレスを入れて、送信したい相手を全部BCCに入れて送信します。そうすれば、メールの送信は1回で済みますし、受け取られた側も他の方のメールアドレスが見えないので、トラブルになることもありませんよ。