パソコンを家族で共有して使っている場合、自分以外には見られたくないファイルやフォルダなどもあるかと思います。そのような時には、ファイルを「隠しファイル」にしてしまうという方法があります。

 

スポンサードリンク

隠しファイル、フォルダの作り方 

まずは隠したいファイルを選択し、「右クリック」。そして「プロパティ」をクリックします。プロパティの「全般」タブから「隠しファイル(H)」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

kakushi

※WindowsXPの場合は、「マイドキュメント」→「ツール」→「フォルダオプション」の順に進みます。

 

012051e

フォルダの場合、このような画面が表示されることもあります。この場合は、「OK」をクリックしてください。

これで隠しファイルに変更ができました。

 

アイコンが半透明になってしまった場合

kakushi1

もし、このようにうっすらとしたアイコンになった場合は、パソコンの設定が「すべてのファイルとフォルダを表示する」状態になっています。

この場合は、「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→「フォルダーオプション」を開きます。

「フォルダーオプション」の「表示」タブから、「ファイルとフォルダの表示」の「隠しファイルおよび隠しフォルダを表示しない」にチェックを入れて、「OK」をクリックします。

kakuchoushi

この「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」を「表示しない」に変更します。

これで、ファイルを隠すことができました。検索しても出てきませんので安心です。

戻す際は、逆の手順で「隠しファイルを表示する」に変更してください。