こんにちは、店長の西野です。

今回はパソコンの体調管理ともいえる、熱への対策についてお話したいと思います。

夏はもちろんのこと、冬でもパソコンは電源をつけるだけで熱を持ち始めます。

パソコンにとって「高温」は寿命を縮めてしまうことにもなりますので、しっかりした対策が必要です。

スポンサードリンク

 

まず、パソコンは熱に弱いということを覚えておいてください。

パソコンの内部には熱に弱いパーツがいくつか存在します。主にCPUやハードディスク、グラフィックボードが

その代表です。もちろんこれらは非常に精密な機器ですから、自身の熱で基板の回路や部品に悪影響をおよぼすことも

少なくありません。パソコン内部の温度が高くならないようにファンなどで調整をしていますが、

熱が許容量を超えてしまうと「突然電源が切れてしまう」「勝手に再起動してしまう」「エラーが頻発する」といった

いわゆる『熱暴走』という現象が起きてしまいます。

 

使用環境においても注意が必要で、通気口にホコリが溜まっているとうまく排熱出来ずにパソコンが高温になってしまったり、

壁に密着させていたり布団やカーペットの上での利用もパソコンには良くありません。

 

7441936

 

では、どうやってパソコンを冷やせばいいのかというと、いくつかのアイテムを使います。

①扇風機の風を直接パソコンに当てる

ノートパソコンにも効果的ですし、どこの家庭にも置いてあるので利便性があります。

②市販されているPCクーラーを用意する

使っていない状態と比べて最も温度差のあるところでは10度近い差があるそうです。

③USB扇風機を用意する

小さいですが風量は十分で、当ててない状態と比べて断然温度が上がらなくなります。

10インチから17インチまでのノートパソコンに対応したクーラー【レビューを書いて送料無料】[ノ…