BIOSのビープ音とは、パソコンでハードウェアの異常を音として知らせるメッセージの一つ。例えば、パソコンが正常に起動しないなどの場合に、BIOSのビープ音からトラブルの原因を探ることができます。

スポンサードリンク

 

ここではAMI BIOSのビープ音をまとめました。

 

ビープ音についての詳細は電源を入れたら警告音!? システムエラーを知らせるビープ音とはをご参照ください。

 

AMI BIOSのビープ音回数メッセージ一覧(※ここでは代表的な内容について記載しています。)

ビープ音
回数
内容
詳細
長音×1
正常に起動
起動時に長音のビープ音が1回の場合は正常に起動しています。
― ―
長音×2
POSTエラー
ハードウェアのテストでエラー。CMOS設定値の不具合の可能性。一度初期値に戻すことで解消されることも。
短音×1
DRAMリフレッシュエラー
メインメモリの不具合。メモリの不良か接触不良の可能性。
・・
短音×2
メモリーパリティーエラー
メモリ先頭の 64KB でパリティーエラーが発生。メモリ IC の不具合か接触不良の可能性。
・・・
短音×3
メモリーエラー
メモリ先頭の 64KB でエラーが発生。メモリ IC の不具合か接触不良の可能性。
・・・・
短音×4
システムタイマーエラー
クロックの破損、あるいはメモリーの最初のバンクでエラー発生。マザーボードの不具合か接触不良、異物によるショートの可能性。
・・・・・
短音×5
プロセッサーエラー
マザーボードまたはCPUの不具合。CPUの接触不良や破損、過熱によるものの可能性。あるいはマザーボード自体の接触不良や異物によるショートの可能性。
・・・・・・
短音×6
GateA20エラー
マザーボード、CPU、メモリーなどの総合的な不具合。マザーボードの接触不良、CPU、キーボードの不良、過熱、異物によるショートの可能性。
・・・・・・・
短音×7
プロセッサーの例外割り込みエラー
マザーボード、CPU、メモリーなどの総合的な不具合。マザーボード、CPU、メモリーの接触不良、故障、過熱、異物によるショートの可能性。
・・・・・・・・
短音×8
ビデオカードメモリーエラー
ビデオカードが未接続・接触不良または故障の可能性。またはビデオメモリが不良の可能性。
・・・・・・・・・
短音×9
ROMチェックサムエラー
BIOSの設定不良、破損またはマザーボードの破損の可能性。設定値に不具合がある場合はBIOSクリアで初期化することで解消されることも。
・・・・・・・・・・
短音×10
CMOSの読み込み、書き込みエラー
CMOSシャットダウン時の読み込み、書き込みエラー。CMOSまたはマザーボードが破損の可能性。BIOSクリアで解消されることも。
―・・
長音×1、短音×2
ビデオシステムエラー
ビデオボードが接続されていないか、接触不良の可能性。接続し直すことで解消されることも。。
―・・・
長音×1、短音×3
メモリテストエラー
メモリテストで不具合が発生。64KB以上のメモリ領域でエラー。メモリ IC の不具合か故障の可能性。
―・・・・・・・・
長音×1、短音×8
ディスプレイテストエラー
メモリテストで不具合が発生。64KB以上のメモリ領域でエラー。メモリ IC の不具合か故障の可能性。

ここで挙げた以外にもありますが、ビープ音や症状から原因が特定できない場合、又は部品交換などしても症状が改善しない場合はひとまず、パソコン修理は保留し、データの救出とバックアップをおこないましょう。

BIOSAMI_Main_MS6580