BIOSのビープ音とは、パソコンでハードウェアの異常を音として知らせるメッセージの一つ。例えば、パソコンが正常に起動しないなどの場合に、BIOSのビープ音からトラブルの原因を探ることができます。

スポンサードリンク

 

ここではAward BIOSのビープ音をまとめました。

 

ビープ音については電源を入れたら警告音!? システムエラーを知らせるビープ音とはをご参照ください。

 

Awardのビープ音回数メッセージ詳細

ビープ音
回数
内容
詳細
短音×1
正常に起動
起動時に短音のビープ音が1回の場合は正常に起動しています。
・・
短音×2
CMOSセッティングエラー
CMOSの設定値が不具合の可能性。初期値に戻すことで解消されることも。
―・
長音×1、短音×1
DRAMエラー
メインメモリの接触不良か破損の可能性。接続し直すことで解消されることも。
―・・
長音×1、短音×2
ビデオボード、モニターの接続エラー
ビデオボードかモニターの接続不良。ビデオボードとモニターケーブルの接続チェックをおこなってみましょう。
―・・・
長音×1、短音×3
ビデオボードがない、あるいはビデオRAMのエラー
ビデオボードの故障か接触不良の可能性。接続チェックやビデオボードを交換してみましょう。
―・・・・・・・・・
長音×1、短音×9
ROMエラー
BIOS ROMが破損している可能性。CMOSクリアで解消されることも。
― ― ― ― ―(連続)
長音の繰り返し
DRAM接続エラー
メインメモリの接続不良かメモリ自体の不良の可能性。接続し直すことで解消されることも。
・・・・・(連続)
短音の繰り返し
電源供給の不具合
電源不足か電源パーツの故障。電源パーツを交換してみましょう。
――――――(高い周波数の長音)
高い周波数の長音
CPUの過熱
COUの冷却ファンが停止している、またはほこりなどによる冷却能力の低下や、冷却ファン自体がCPUと正しく接触していない可能性。内部の清掃で解消することも。

ここで挙げた以外にもありますが、ビープ音や症状から原因が特定できない場合、又は部品交換などしても症状が改善しない場合はひとまず、パソコン修理は保留し、データの救出とバックアップをおこないましょう。

081108_bios1