こんにちは、店長の西野です。

今までウイルスとは無縁と思われていた「iPhone」にもついにウイルスの脅威が発見されました。

「マスク攻撃」と言われるその内容はどういったものなのでしょうか。

今回はそんな「マスク攻撃」についてお話したいと思います。

 

apple

 

まず「マスク攻撃」とはiOS端末にインストールされている正規のアプリを「マルウェア」に置き換えられて

しまうものです。AppStoreとは別のところからダウンロードさせるのが特徴のようです。

 

スポンサードリンク

内容としては、すり替えられる前のアプリで使っていたIDやパスワードが盗まれてしまうため、

銀行の口座情報やメール内容まで盗まれてしまう恐れがあります。

 

感染の危険性があるのは、iOSの「7.1.1、7.1.2、8.0、8.1、8.1.1 beta」を搭載した端末になるので、

「iPhone」や「iPad」も例外なく標的になってしまいます。

すでに一部で悪用された例も上がっており、無線ネットワークやUSB経由で侵入し攻撃を

しかけられる可能性があると示唆されています。

 

対策としては、極力怪しいサイトは近づかないということ。ただし、偽のアプリは正規のアプリと

同じバンドルIDを使用しているようで、検出は非常に難しいということです。

また信頼できるApp Storeや会社等以外でのアプリのインストールも、オススメは出来ませんし、

他人のパソコンや無線ネットワークに、おいそれとiPhoneやiPadを繋ぐのもいけません。

感染ルートをしっかり把握して、しっかり自衛することから始めましょう。