こんにちは、店長の西野です。

先日の続きになりますが、継続してウイルスの情報をお伝えしたいと思います。

症状によって対応も変わってきますので、正しい知識を身につけましょう。

スポンサードリンク

 

①GREEN_CATTERPILLAR(グリーンキャタピラー)

いつのまにかパソコンに入り込み、正規のプログラムに感染します。

知らずに感染したファイルを実行すると緑虫が画面上の文字を食いつぶす様が表示されます。

 

③

 

②PE_Marburg(ピーイーマーバーグ)

このウイルスに感染すると、画面上に白いバツ印のついた赤丸をランダムに表示させます。

ウイルス対策用のデータファイルを見つけるとそれらをすべて削除してしまいます。

色々な種類のファイルに感染する恐れのある悪質なウイルスです。

 

i320

 

③PE_MTX.A(マトリックス)

こちらはバックドア型ウイルス(感染するとコンピュータを外部から操作出来るように侵入口を作ってしまう)。

感染するとバックドアプログラムと自分のコピーをばらまいてワームがインストールされます。

さらにメールが送信されると同時に、自分(ウイルス)を貼付した空のメールを同じ宛先に送信します。

さらにウイルス対策ソフトウェアのサイトなどへのアクセスを出来なくしてしまいます。

 

④ゴースト

こちらは「ゴーストウイルス」や「貞子ウイルス」と呼ばれるもので、実行するとしばらくは

何も起こりません。ですが、しばらく時間がたつと突然画面いっぱいに貞子風の女性が現れ

同時に「キャー!!」という悲鳴が大音量で流れます。そして上記を繰り返し行います。

パソコンに対してではなく人体に被害がありますので、すぐに電源を落としましょう。

画像は怖いので載せないでおきます。調べる方は自己責任でどうぞ・・・。