【アドウェアに注意】エラーを表示させ、購入誘導する迷惑ソフトたちの続きです。あるお客様のケースでは、1台のパソコンから30個以上のアドウェアなどの不要ソフトウェアを削除することとなりました。

 

スポンサードリンク

1台のパソコンに複数の迷惑ソフトが入っているというケースは多々ありますが、群を抜いての多さです。

 

ざっと挙げてみると、
24×7Help、AppGrafitti、Inbox Toolber、Online Vault、PC Power Speed、RebateInformer、SiteRanker、Webrootスパイスィーパー、RegClean Pro、PCSpeedScan、Advanced-SystemProtector、AnyProtect、MySearchs、OptimizerPro、Performance Center、Registry Helper、Right Backup、Saver box、Search App by Ask、Search Protect、Shopping App by Ask、SpeedUpMyPC、System Speedup、TheBestDeals、CinemaxMe version2.0、CommonShare、Hold Page、MyPC Backup、PriceLess、PromoPons、Reimage Repair、Supporter、MyBestOffersToday、Offer Boulevard、Offer BLVDUpdate などなど。

よくもこれだけ入っていたなぁ、という感じでした。

windowserror1-300x249 aa

 

 

どういったものが怪しいのか

例えばですが、Speed、Clean、Backupなどの名称が入っているソフトウェアは注意が必要です。もし、ちょっとでもおかしいなと思ったら、一旦中断して調べてみましょう。

 

これらのソフトには、かなりのユーザーが困ってらっしゃいます。インターネットで名称を調べてみて、削除関連のサイトが多数あるものは、ほぼ迷惑ソフトと思って間違いありません。

 

中にはスムーズに消えてくれないものも

アンインストール(ソフト削除)しようとしても、スムーズに消えてくれないものも中にはあります。ソフト削除でお困りの際は、ぜひご相談ください。