こんにちは、店長の西野です。

今年も無事年明けを迎えられましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

本年も今までに引き続き、「為になる記事」をどんどん挙げていきたいと思いますので、

昨年と変わらずご愛顧いただきますよう、よろしくお願い致します。

 

スポンサードリンク

①

 

さて今回ご紹介させていただくのは、「SSD」に関する内容です。

中には「SSD」というものをご存じない方もおられるかと思いますので、簡単に説明させて

いただきますと、パソコンの「HDD」がより新しくなったとお考えください。

いままでの「HDD」はCDやDVDのようにデータを円盤に書き込みしていたのですが、

「SSD」はUSBフラッシュメモリのように「メモリ」にデータを書き込みします。

なので、読み込みや書き込みスピードが驚くほど速くなり、故障も少なくなりました。

 

②

 

ではいざSSDを選ぼうとなった際、その判断基準はどこになるのでしょうか。

まず容量は第一として、もうひとつ大事な点が「最大書込速度」と呼ばれるものです。

機種によって大きく差が出るのがこの「最大書込速度」です。「読込速度」よりもこちらを

重視しましょう。基本的には容量が大きくなればなるほど書込速度は早くなります。

 

もうひとつ付け加えるとすると「ランダム4KB 読込速度・書込速度」です。

これは1秒あたり何回読み書き出来るかというものを数値化してあるもので、

単位は「IOPS」で表されます。数値が大きいものほどパフォーマンスがいいので、

SSDを選ぶ際に必ずチェックしましょう。