こんにちは、店長の西野です。

今回はパソコンユーザーにとって一番の難敵、ウイルスについてお話したいと思います。

生活にはかかせなくなってしまったインターネットですが、ウイルスの種類もそれにともなって増えてきています。

日本だけでもウイルス等によるサイバー犯罪で、1兆円以上の被害が報告されています。

ウイルスなんて滅多に入ってこないでしょというあなた、実はたくさんの進入経路があるんです。

こんなことで!?ということも中にはありますので、しっかり対策をたてましょう。

 

vi

 

①メールを経由したウイルス感染

これが一番メジャーといっても過言ではない、ウイルスの感染ルートのひとつかもしれません。

英語でかかれた文章とともに送られてくることが多いですが、やはり日本語の文章も少なくはありません。

ウイルスを添付したメールは、実は世界のメールの約3%を占めているんです。

 

②ホームページの閲覧によるウイルス感染

こちらはなんとそのページを見るだけで、感染してしまうという恐ろしいウイルスです。

以前、公式のホームページが改ざんされ、見てしまった全員にウイルスが送られたなんてこともありました。

もちろん有名企業だから安心ということもありませんので、注意が必要です。

 

③フィッシングサイト経由でのウイルス感染

いわゆるネットショッピング等で決済の際に別のページに飛ばし、個人情報を抜き取ったり

というようなウイルスです。自身ではお金を払ったつもりでも、まったく赤の他人に振込みをしていたという

ようなことで、日本でも非常に被害の大きいウイルスです。

 

part②