こんにちは、店長の西野です。

今回はまもなくリリースが予定されている「Windows10」に対しての、事前準備についてお話したいと思います。

実は、パソコンを使っているみなさん全員がアップグレードできるわけではないんです。

アップグレードが出来る条件や必要スペックをしっかり確認して、Windows10に備えましょう!

 

Windows10

 

①アップグレードが出来るOSか確認をしましょう

まず一番メインになるOS(オペレーションシステム)ですが、しっかり条件があります。

現在使用しているOSが「Windows7」か「Windows8.1」であるということです。

これ以外のOSではWindows10へのアップグレードが出来ませんので、注意が必要です。

さらに「Windows 7 Enterprise」「Windows 8/8.1 Enterprise」「Windows RT/RT 8.1」の

各エディションに関しては、今回のアップグレード対象外とのことなのでお気をつけください。

 

②アップグレードしても問題ないスペックか確認をしましょう

OSの問題をクリアできても、快適に使えないと意味がありませんよね。

Windows10で必要なスペックはそれほど高くはありませんので、下記を参考にしてください。

 

CPU:1GHz以上のもの or System on a chipのもの

メモリ:32bitなら1GB、64bitなら2GB

ハードディスクの空き容量:32bitなら16GB、64bitなら20GB

グラフィックス カード: Microsoft DirectX 9 グラフィックス デバイス (vista以降ならほぼ大丈夫)

画面解像度:1024 x 600 以上

 

現時点でWindows7や8.1が稼動しているパソコンであれば、まったく問題ないと言っても過言ではありません。

ただし、ハードディスクの空き容量だけは個人差があるので、十二分に注意しておきましょう。

 

最後になりましたが、Windows7や8.1からアップグレードをすることによって、使えなくなる機能もあります。

いままで使っていたソフトが使えなくなった!や以前までここにあったフォルダがない!なんてことも。

今後もアップグレードについての仕様が変更されることも考えられますので、アップグレード前に公式HPで

詳細情報を確認することをお忘れなく。