こんにちは、店長の西野です。

タイトルでかなり不安を煽ってしまっていますが、みなさんはご存知でしたでしょうか。

このご時世、パソコンもスマホを使っていない人はほんの一握りかと思いますが、

大多数の方には悲報となってしまいました。

 

「薄毛・抜け毛」は若年老年に関わらず、多くの男性の悩みのタネですよね。

若いうちから将来のために、髪の健康を考えた生活をしている方もいるかもしれません。

でも先日、ニュースサイトの「日刊大衆」に「要注意!パソコンの使いすぎで毛が抜ける!」

なんて記事がアップされているんです。

 

②

 

簡単な内容としては、薄毛には「眼精疲労」が関係しているとのことから始まり、

①長時間パソコンを使うことでまばたきが減る

②まばたきが減ると眼球があまり動かなくなって、筋肉に流れる血液が少なくなり目が疲れる

③必然的に方の動きも少なくなり、肩こりになってしまう

④肩に流れる血液量が少なくなると、その先にある頭皮への血流も少なくなる

⑤その状態が長く続くので、「脱毛」が始まってしまう

 

というものです。

この記事では、パソコンを使用する際は「1時間おきに軽くストレッチをすることや、

少しでも歩いたりして血流を回復することが大事」としています。適度に休憩を

入れながら仕事をおこなうことで、効率も上がり脱毛もせずみんな幸せとのこと。

 

 

この内容に対して、インターネット上の声は「また適当なことを」や「なんて不毛な

記事なんだ」との声が多数上がってはいるものの、この「眼精疲労と頭皮の関係」は

各方面の専門家も指摘していたんです!

例えば、パソコンを長時間使うことによるドライアイからくる眼精疲労で、血液や

リンパ液の循環が悪くなり、頭皮が硬くなってしまう。その結果、頭皮に必要な

栄養もうまく運ばれなくなってしまい、頭皮がいわゆる不健康状態となってしまう。

これが抜け毛や薄毛の原因となってしまうとのことです。

 

①

 

予防方法の例としては「1時間なら1時間と決めて、時間が来たら窓の外を見たり、

歩きながら肩や首をマッサージしたり」といったことが必要ですね。

まだ必ず「薄毛・抜け毛に関係する」とはいえませんが、健康のためにも

休憩をいれるというのは、大事なことですね。

わたしは早速今日から実践しますので、みなさんもよろしければぜひ。