iPhoneの画面割れは非常に多い。

発売から時間がたち、現在のiPhone6ユーザー数は相当なものです。
実際、最近では当店で修理を希望される方の半数以上ほどはiPhone6ですね。

 

とても便利で使いやすいiPhoneですが、画面の割れやすさはいかがなものでしょうか・・・
本体サイズのギリギリまで画面になっている以上、仕方のないことかもしれませんが、うっかり落としてしまったときに簡単に画面割れしてしまうのがiPhoneの特徴です(笑)。
※Androidスマホの場合は多種に渡るので、割れやすいもの割れにくいものの差はありますが、iPhoneに比べるとそこまで割れないですね。

 

修理に出そうとしても、アップルケアやアップル正規代理店での修理となるとデータのバックアップを事前にとっておくことは必須なので、割れてしまっても面倒だからとそのままにしている人も多いようです。

 

街中でもチラホラ見かけますが、画面が割れた状態でiPhoneを使っている方のなんと多いこと・・・

IMG_4603

そもそも何でiPhoneの画面はこんなに簡単に割れちゃうのか?

スマートフォン全体に言えることですが、本体サイズと画面の大きさがほぼ等しい(落としたときの衝撃が、画面に伝わりやすい)ことが最大の原因かと思われます。また、キズには強いiPhoneパネルですが、衝撃にはあまり強くないようです。ダイヤモンドなどもキズには強くても割れやすいですよね。それと同じようなイメージです。

 

画面が割れたまま放置してても大丈夫?

表面のガラスが割れても、機能的には問題なく使えるというケースも多々あります。なので、割れた状態でも使えるからと、そのままにしている人も多いようですが、細かい破片がポロポロ落ちちゃったり、ひび割れが拡大してしまうので、あんまりおススメはできないですね。
タイミングによって買い替えるか、修理に出すかという選択肢になるでしょう。修理の場合は、スマホが長時間使えなくなると困ることが多いかと思いますので、できれば即日修理、返却してくれるところがいいですね。画面割れならすぐ直ります。

IMG_4608

また、どうしてもあまりお金をかけたくないなら、フィルムケースを貼って応急処置で済ませるというのも一つの手ですね。少なくとも破片の飛び散りはある程度防げるので、そのまま放置するよりは断然マシです。
ただ最近はiPhone6の修理代金も下がってきましたので、色々調べてみて検討してみてはどうでしょう。