みなさんは普段、どんなiPhoneの使い方をしていますか?

日々の風景や子どもの成長をカメラで撮影したり、おもしろ系アプリで電車やバスでの移動時間を過ごしたりという感じでしょうか。

 

 

気がつけば、電話本来の機能である通話や友達とのメールのやりとりよりも、ゲームやミュージックなど、生活を満たしてくれるツールとして無くてはならない存在になっているのではないでしょうか。

 

 

「iPhoneがない生活はもう考えられない!」という人もいるほど、大切なiPhone。

壊れてしまったり動かなくなってしまったら大変です。

私たちパソコンの修理屋さんでは、iPhoneの修理も行っていますが、まずは大切なiPhoneが壊れないように守ってあげることが大切です。

 

IMG_3538

 

iPhoneの修理内容として多いのは、まず画面割れです。

カバーをつけていない状態のiPhoneは、つるっとしていますよね。

テキストを入力しているとき、ポケットに入れるとき、カバンから取り出すとき、ぽろっと手からこぼれ落ちてしまうことがあります。

 

 

 

ちょっと角がへこんでしまったぐらいならいいのですが、画面を下に落下すると、高確率でバリっとガラスが割れてしまいます。

そうならないためにも、カバーをつけたり保護フィルムを貼るなどして、ガラス面が直接衝撃を受けないよう守ってあげましょう。

 

 

 

保護フィルムは、単に指紋や汚れを防止するものではなく、ガラス面を防護できる強化フィルムがおすすめです。

また、カバーは滑りにくいシリコン製のものが安心です。

万が一画面割れしてしまったら、すぐに修理してくださいね。

そのままにしておくと、液晶にも影響が及んで液晶割れを起こしてしまいます。

 

 

液晶が割れてしまうとタッチセンサーもきかなくなりますので更に状況悪化です!

正規店での修理の前に修理屋に持ってこられてもバックアップも取れない可能性が出てきます

 

また、iPhoneの水没にも要注意。

特に夏は、海や川などで水遊びをしているときに水中に落としてしまった…ということがないように、海辺のレジャーには防水パックを用意してiPhoneを入れておきましょう。

また、お仕事中iPhoneをネックストラップにつけて首から下げている人は、洗面所で手を洗う際に水道のお水でザバーっとやらないように気をつけてください。

 

 

 

またネックストラップにつけたまま外回りへ行く人は、天気予報をチェック。

ゲリラ豪雨に遭う確率が高いのなら、iPhoneはバッグの中にしまっておくのが無難です。

 

 

 

パソコンの修理屋さんではiPhoneの故障修理も受け付けていますが、まずはこうして無用なトラブルを避けるのが大切です。