携帯電話が普及し始めてから、最も多い故障のパターンはやはり水没ではないでしょうか?

 

 

「雨の日にうっかり落とした拍子に水たまりに浸かってしまった」

「海や川に遊びに行った際、誤って落としてしまった」

「ポケットに入れ忘れたまま、洗濯してしまった」

「トイレでかがんだ際、便器に落としてしまった」

 

 

 

…等々、誰もがこうしたミスを一度は経験しているかもしれません。

これはiPhoneが普及している、現在でも同じことです。

 

①

 

ちょっとした不注意によるミスがこうした水没トラブルにつながってしまいます。

iPhoneなどの精密機器の弱点とも言われる水ですが、基本、室内で使うパソコンなどと違って、iPhoneなどの携帯は常に持ち歩くわけですから、どうしてもこうした水没トラブルは起きてしまいます。

 

 

 

ちょっとした不注意で大事なデータがすべてパーになったら悲惨です。

極力、そうした事態にならないように、水没の可能性のあるシチュエーションを避けるようにしましょう。

 

 

 

特に、うっかり落とすというケースが非常に多いため、外出時もカバンなどにきちんと保管しておく習慣を持つべきです。

ポケットに入れておくときでも、落ちないようにチャックやボタンのついた場所に保管しておくべきです。

 

 

 

これらの点を意識するだけでも、水没トラブルの可能性がかなり低くなるはずです。

ただ、やはり人間のすることですから、ミスはどうしても起こってしまいます。

水没してしまうと言うケースもきっと出てくるでしょう。

 

 

 

もし、不幸にしてiPhoneが水没するという状況になったら、まずは出来るだけ早く、水から引き上げることが重要です。

この水没時間もトラブルの深刻度に直結する重要な要因です。

 

 

早めに引き上げれば、ほとんど問題なかったということも経験したことがある人ならわかると思います。

また、落とした時に、ポケットからそのまま水に落ちたようなケースだとiPhone本体には外傷はないと思います。

 

 

 

ですが落下の途中で何かに当たって、液晶割れ、画面割れなどをしてしまうケースもあると思います。

そうやって本体に疵が入った後、水没してしまうと事態はかなり深刻です。

いずれにしても、一刻も早く水から引き上げることが重要です。

水没した場合、一見、問題なく使えるように見えても、実はiPhoneの機器内部でトラブルが起きていることもあります。

 

 

 

ですから、少しでもいつもと違う、様子がおかしいと感じたら、早めに修理に出すようにしましょう。