水の事故が増える夏場ですが、iPhoneなどスマホ利用者にとって怖いのは水没トラブル。

水遊びをしている最中にあやまって川にスマホがポチャリと落ちたことがある方もいるでしょう。

 

 

 

ヤバいと思っても後の祭り。

ですが、ただ焦ってバタバタしても意味がありません。

どうすれば良いのか、スマホで検索して…と思っても、そのスマホが水没してしまったわけですから、どうしようもありません。

 

 

 

こんなときのために、水没した時の対処法をあらかじめ知っておくと便利です。

誰もが避けたいと思っていても、ついつい起こってしまう水没トラブル。

いつ、自分にそんな災難が降りかかってくるかは誰にもわからないものです。

 

①

 

だから、事前に知識を持っておくことが重要なのです。

さて、もし、水没した時に最初にやることは何かと言うと、それは電源を切ることです。

水没した後、使えるかどうか心配になり、ついつい電源を入れて使えるかどうか確認しがちですが、これは止めましょう。

 

 

 

電源が切れている状態なら、そのままにしておき絶対に電源を入れないようにしてください。

もし、電源が入ったままであるなら、速やかに電源を切ってください。

次にやるべきことは水分を極力除去することです。

 

 

 

スマホカバーをしているケースが多いと思いますが、すぐにカバーを外し、本体外側の水分を拭き取ってください。

 

 

タオル、ハンカチ、ティッシュなど、身の回りにあるものでいいですので、出来るだけ早くに水分除去の対策をすることが有効です。

水分が内部に入り込みやすい端子の部分は特に注意しましょう。

 

 

ティッシュなどを使って入念にふき取ることが重要です。

端子の内部にもティッシュをこより状にして差し込むことで、外側部分の水分をかなり吸収できるはずです。

 

 

また、重要なのはSIMカードの保護です。

本体外部を拭き取ったら、すぐにSIMカードを取り出しましょう。

取り出したカードはすぐにティッシュなどにくるんで、とにかく水分から守ることが重要です。

 

 

いざ水に浸かったりすると、呆然自失となり、対策が後手に回ることがよくあります。

そうならないように、以上の対策を速やかに実施しましょう。

ただ水没現場での初期対応で出来ることは限られています。

 

 

 

こうした対応をしても故障が疑われるならば、はやめに修理に出すことが必要です。

修理に持っていくまでの間も、極力、本体を乾燥させることを意識しましょう。

 

 

iPhone水没には水分除去と乾燥が二大対策と言えるのです。