iPhoneなどのスマートフォンで多いトラブルとしては、やはり水没が挙げられます。水没と言っても完全に水に浸かってしまうだけでなく、雨などによるものも含まれます。

 

①

 

androidの携帯電話などでは一部に防水機能を持ったものはありますが、iPhoneの場合防止機能はありません。そのため、雨などの場合でも注意が必要なのです。

 

 

 

もちろん、海やプールでの使用を考えると、濡れるのを想定して使用することになりますが、この場合は防水ケースなどの使用することで対応が可能になります。ですが、最近では突然の豪雨などでいきなりといったこともあるのでより注意が必要になるのです。

 

 

 

実際に水没してしまうと修理が必要になります。場合によっては内部に保存された写真や音楽といったデータが消えてしまうことも少なくありません。そういったときのために、必要なものはバックアップが必要になります。

 

iTunes

 

アプリをダウンロードしてバックアップをサーバーに保管することもできますし、パソコンと接続すればパソコン上にデータを保存しておくことも可能になります。もちろん、水没したiPhoneのデータが復旧することもあるのですが、基本的には消滅と考えておいたほうがいいかもしれません。

 

 

 

データを復旧可能にするには水没したiPhoneの電源は入れないということが前提となります。実は水没しても内部がきちんと乾いてしまえばそのままでも使用可能な場合もあります。ですが、内部に水分のある状態で電源を入れてしまうと回路がショートし致命的なダメージを与えてしまうことになるのです。

 

そのため、水没した場合、しっかりと乾燥させるということが重要なのです。

 

 

スマホユーザーの一番多いトラブル!液晶割れ

 

 

ダントツに多いトラブルの液晶割れ。携帯電話やスマートフォンの場合は、手に持って使用することになります。と、いうことは手を滑らせてしまうと落下してしまいます。すると、本体にキズが入ったり、液晶画面が割れたりすることもあります。特に男性の場合、シャツや上着の胸ポケットに入れている場合、前にかがんだひょうしに落下してしまうことも少なくありません。

 

IMG_3538

 

iPhoneの場合はストラップをつける場所はないので、ケースなどで保護しておくことが必要です。ケースに入っていれば本体にキズがつくことをある程度防げますし、素材によっては衝撃を吸収するので液晶が割れてしまうことも防げるのです。修理となるとどうしても高額の修理費がかかってしまいますので予防策として検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ときどき、割れたままの液晶の画面を眺めている人がいますが、注意して使用すればそういったことも防げるのです。もしもの場合を考えると、本体そのままで使用するよりはケースに入れておいたほうがよいでしょう。