iPhoneにはさまざまな機能がありますが、便利なものもあれば、中には不便なものもあります。特にユーザーの多くの方が不便と感じられているものとしてはメールの返信時の本文の引用ではないでしょうか。

 

 

 

標準搭載されたメールアプリではデフォルトで本文が引用され、さらには引用の有無の設定がありません。これは本文を引用したくないときにはかなり不便と言えます。標準アプリを使う場合、引用しないようにするには、本文を消す必要があるのです。

 

1

 

方法としては、本文の箇所で長押ししたり、ダブルタップをすることで選択バーがでるので全選択を選びます。さらに選択された箇所をタップして表示されたバーからカットを選びます。

 

 

 

もしくは全選択された状態でバックスペースキーを押したり、そのまま本文を入力するといったところでしょうか。これはかなり面倒ですよね。そのため、メールアプリに関しては、別途ダウンロードして利用されている方もいるほどです

 

 

 

以前であればメールに関しては文字数でうんぬんというのがありましたが、現在では基本としてパケ放題が前提ですから、文字数に関することは意味がありません。そのため引用ありが前提になっているのでしょうか?androidは選択可能になっているんですけれどね。

 

 

シェイクを使ってみよう

 

15233535047_92220bfab3

 

同じような記事を前にも書きましたが、iPhoneにはアプリの機能としてシェイクに対応したものもいくつかあります。シェイクとはその名の通りiPhone自体を横にサッと降る事です。知っている人にとってはあまりにも単純な機能ですが、知らない人にとっては意外と便利な機能なのかもしれません。

 

 

 

まず、音楽再生ではどうかというと、シェイクをすることで再生中の曲がスキップされて他の曲がランダムで再生されます。ただし、これは設定画面でミュージック内のシェイクでシャッフルをオンにしていなければなりません。

 

 

 

また、画面もミュージック関連の画面でなければ、他の機能として動作してしまいます。

他の機能としては全般的になりますが、シェイクをすることによって取り消しが可能になります。

 

パソコンなどを使用していると、たまにコントロールキーを押しながらzキーを押して操作を取り消したりすることはなでしょうか。

 

 

MACの場合であればCommandキーとzキーですね。この操作と同じことが可能なのです。ただし、確認画面が表示されるので、そこで取り消しをタップする必要がありますけど。

これをうまく利用すれば誤って削除したものも取り消すことができます。

 

 

 

メールの一覧画面等で左にスワイプするとそのメールが削除されるのですが、削除されたものはゴミ箱を開いて元に戻さなければなりません。ですが、このシェイクを使えばその場で削除の取り消しができるのです。知っておくと便利な機能ですよね。