iPhoneの修理は保険に入っていれば基本的にはメーカーによる修理(交換)となります。ただ、修理が必要と思われるような場合であっても、簡単に修復できる場合もあります。

 

 

 

物質的な破損の場合やハードウェアが壊れたのであれば、修理は必須となりますが、iOSなどの不具合の場合、自分でも復旧が可能な場合もあります。

 

apple_logo

 

例えば、いきなり通話が出来なくなった、カメラが起動しなくなった、フリーズしてしまいどこを触っても動かない・・・などでしたら再起動してみると以外に治ることもあります。

 

 

これは、状況によってさまざまですから確実に治るとは言えませんが、自分でも対処可能なものもあるということは覚えておきましょう。

 

 

 

ただ、自己判断では悪化してしまう場合もありますので、心配な方はAppleのサポートや販売店に相談するのが一番ですね。ここで簡単に復旧できれば、大切なiPhoneを預ける必要もありませんし、しばらくの間使えなくなるといったこともありません。

 

 

最近の若い人にとってスマートフォンはなくてはならないものですから、たとえ1日使えなくなるだけでも不安になる人は多いようです。

 

 

 

また、修理の保障に入っていれば、修理代は無料になったりかなり安くなったりしますが、そうでない場合は高額の修理費が必要になってしまいます。最近の購入スタイルであれば2年間の分割払いが一般的ですから、新しいのに買い替えるのも大変です。

 

 

そういったことを考えると、壊さないように大切に扱うことも必要ですね。

 

 

iPhoneの保護をする

 

大切に扱うには取り扱い方に気を付けるだけでなく、グッズを使用するのも効果的です。手で持って使用するものですから、どうしても落下の危険は付きまとうことになります。もし、落としてしまった場合、どうでしょうか。本体にキズが入る程度であれば、まだいいでしょう。場合によっては液晶画面のガラスが割れてしまうことがあります。

 

IMG_3538

 

このガラス割れですが、使えるからといってそのままにしておくのはいけません。ダメージが液晶面までいってしまうと操作も不能になります。

 

 

たまに、割れた画面で操作している人も見かけますが、やはり早めに修理に出す方がいいですね。ダメージが広がる前に早めに修理するのがよいです。

 

 

 

こういったことに対処するにはやはり、専用のケースやカバーといったことも大切です。ケースやカバーで保護することにより、本体のキズはもちろんのこと、画面割れや液晶割れといったこともある程度は防ぐことが可能になるからです。

 

 

また、保護フィルムも画面や液晶を保護するのに効果があります。保護を目的とするなら強化フィルムを使用したものがよいでしょう。

 

 

このようにフィルムを貼ったり、ケースやカバーを使用することである程度のトラブルは回避ができるのです。もちろん見た目も自分好みにすることができるので、カバーやフィルムを使用していない人は一度考えてみてはどうでしょうか。