現在、最新のiPhoneといえば、6と6PLUSになります。iPhoneは定期的に新機種が発表されています。パターンで行けば、今年6S、6SPLUSが発売され、その次は7ということになります。

 

 

 

ですが、ユーザーとしては一般的な支払い方法が2年の分割払いとなるため、2年ごとに機種変更しているのが通常と言えます。もちろん、もっと長期にわたって使用しても構いませんが、バッテリーの寿命等を考えると多くの人たちが機種変更を行っています。

 

 

 

 

と、いうのもiPhoneの場合はバッテリー交換がユーザー自らが行うことができません。その構造上、バッテリーのみを購入して自分で入れ替えることができないようになっているのです。

 

IMG_3523

 

バッテリー交換であっても、メーカー修理の扱いになってしまうからです。現在のiPhoneを含めたスマートフォンの購入では、分割払いにすると、割引が適用され機種によってはほぼ無料になる場合もあります。

 

 

 

これはiPhoneも同様で、場合によっては割引額より分割払いの方が低い場合は、携帯電話の使用料金から値引きが行われるほどになります。こうなる場合は、機種変更で月々の支払いが低くなるのでよほど思い入れが無い限りは機種変更を行いますよね。

 

iPhone6から5への機種変更が多い謎

 

そういった経緯から、市場に流通しているiPhoneは最新だけでなく、5、5C、5Sといったあたりもまだまだ現役で多く残っています。また、初期に6を手にしたユーザーは中古で5Sを再度購入し、5Sを使用している人もいるほどです。

 

なぜ、最新の6を手にしながら5Sに戻っているのでしょうか。

 

iphone_6_plus

 

それは、やはりデザイン的なものが大きいといえます。まず、6は従来のサイズよりも一回り大きくなっています。これはハードウェア的にも進化し、さらに液晶画面も大きなものが使われているためです。

 

 

6PLUSになるとさらに大きなものとなっています。画面が大きくなれば、当然見やすくなります。では、なぜ6をやめて5Sに戻るユーザーが多いのでしょうか。

 

 

携帯性を考えてみるとどうでしょうか。携帯するなら小さいなもののほうが便利です。画面を大きく見やすくするのであれば、やはりタブレットやノートパソコンといった選択肢が出てきます。こういったことを考えると、そういったユーザーには中途半端なサイズで携帯しにくいと考えられたのではないでしょうか。

 

 

 

機能自体は5でも6でも同じiOSで動作しますから、アプリケーション的には同等の機能があるのです。そういったことから5Sが好まれているのではないでしょうか。

 

 

ただあくまでもiPhone間の切り替えであってアンドロイドに変えようかなー?という思考にならないのがiPhoneユーザー。

ちなみに私はiPhoneもアンドロイドも両方持っています。

 

 

ですのでその訳ハッキリわかります。

個人的な意見ですが簡単に言いますと、アンドロイドは使い方が複雑すぎです。

iPhoneは最低限必要なアプリがあって、後は自分で欲しいアプリを自由に入れていってくださいねー・・・という懐の広い印象・・・

 

 

に対し機種によるかもしれませんがアンドロイドは、必要か必要じゃないかは関係なく、とりあえず便利と思われる機能や充実したアプリを入れておくからね!私ってこんなに凄い事も出来るしこんなに便利なんだから!という感じの押し付けがましい印象を受けます。

 

 

 

ですのでアンドロイドは簡単な設定ひとつするにしても、使いもしない余計なアプリや機能のせいで埋もれてしまい、何処で設定するのかすら解らなかったりします。

 

 

また、その余計な機能のせいで全体的なレスポンス(処理能力)も遅いです。

iPhone使ってからアンドロイドを操作すると凄い違和感があります。

 

 

ですのでやっぱりiPhoneがいい!!っていつも思います。

 

 

次のiPhone6sは噂では4インチサイズも出るということですので、発表の際にどんなデザインに変更されるかが楽しみですね。