iPhoneはその登場以来、新しいモデルが出るごとにどんどん進化しています。

 

 

6と6PLUSが登場して一番大きく変わったのがその液晶ディスプレイのサイズではないでしょうか。

 

それまでは4インチのディスプレイだったものが、6では4.7インチ、6PLUSでは5.5インチとかなり大きなものとなっています。もちろん、最近のモデルはiPhoneだけでなく、多くのスマートフォンがディスプレイの大型化となっています。今までのスマートフォンとタブレットの中間的なサイズといったところでしょうか。

 

iphone_6_plus

 

携帯性を考えるのであれば小さいものがいいのですが、インターネットでのホームページの閲覧やさまざまなアプリケーションの利用を考えるなら、やはり大画面のほうが使い勝手が良いといえます。

 

 

 

動画の再生などもやはり大きなディスプレイのほうが見やすいということになりますよね。もちろん、最近の液晶ディスプレイはただ大きいだけでなく、画質も向上しています。

大きくなった分、持ちにくいといったことも言えるのですが、実は大きくなっただけでなく、ボディの厚みが薄くなっています。

 

 

それに加えてエッジの処理が丸められており、サイズの割には意外と手になじむといった印象です。

 

 

さまざまな機能のグレードアップ

 

搭載されているチップも新しいものになっており、それは単に機能アップしただけでなく、エネルギーの効率もよくなっています。つまり、バッテリーが従来のものより長持ちするようになっているということになります。

 

 

ノートパソコンやタブレット、もちろん携帯電話もですが、携帯してバッテリーで運用するものについてはやはり稼働時間が長いにこしたことはありません。

 

 

いざという時にバッテリー切れを起こしていたのでは、ここ一番で役に立たないということになります。

 

 

インターネットなどの通信速度もどんどん新しい規格で高速のものとなっており、ダウンロード等でもストレスを感じなくなっています。その分、通信料が多くなるのでパケ放題といったような契約は必須と言えるでしょう。Wi-Fiも当然ながら速度アップしており、Wi-Fi接続時でも十分な高速通信が可能となっています。

 

musen

 

セキュリティーも進化しており、それまではロック解除でしか使用できなかった指紋認証、TouchIDがアップルストアでも使用可能になっています。それまでは、パスワードやクレジットカード番号の入力が必須となっていたので、かなり便利になったということができます。

 

 

 

内蔵のカメラもグレードアップされており、オートフォーカスの処理がより速くなっていたり、ハイビジョンの動画撮影やスローモーションの撮影にも対応しています。

 

 

 

ここ10年で驚くほどの進化を遂げているiPhoneに今後も私達にワクワクするような進化を見せてもらいたいですね!