iPhoneには、当たり前ですが、知っている人は知っているが知らない人は知らないといった機能がたくさんあります。これは使い方のひとつということになるのですが、知っておくと便利に使えるのです。

まず、直前の操作を取り消す方法があります。Windowsの搭載されたパソコンなどでもよく利用すコントロールキーを押しながらzキーというのがありますよね。あれと同じような機能がiPhoneにもあるのです。

 

 

何かのキーを押したりするものではなく、ものすごく簡単な操作なのです。iPhoneを振るだけでよいのです。これをシェイクと呼ぶのですが、直前の操作を取り消すメニューが表示されそこで取り消すをタップすれば直前の操作を取り消すことができるのです。

 

15233535047_92220bfab3

 

もし、間違えて必要なメールを削除した場合を考えてください。削除したメールはゴミ箱に入れられます。これを元に戻すにはメールアカウントからごみ箱を開いて削除したメールを移動させなければなりませんよね。

 

 

 

それがiPhoneをシェイクするだけで可能になるのです。ずいぶんと便利な機能であるということになります。知っておいて損はありませんよね。これが音楽の再生中であれば、再生中の曲をスキップし、他の曲をランダムで再生することも可能なのです。

 

 

他にもいろいろ

 

 

iPhoneに限ったことではありませんが、メールなどで文章を入力する場合、よく入力するものは辞書に登録してよみを付けておくと入力が便利になります。これも簡単に登録できます。まずは、文章などの登録したい部分を選択します。

 

 

ここでいつものメニューがでてきます。カットとかコピーをするやつです。そこに右向きの矢印というか三角のボタンがあるのでそこを押せばメニューの続きが出てきます。そこにユーザー辞書があるのです。

 

 

ユーザー辞書をタッチすると辞書の登録画面になるのでそこで読みを入力して登録しましょう。次回からはその読みを入力すれば変換できるようになります。

 

 

 

電話がかかってきて今出られない場合はどうでしょうか。そういった場合はスリープボタンを押しましょう。1回押すと着信音やバイブレーションが停止します。そこでもう一度押すと今度は留守番電話サービスに転送されるのです。

 

 

 

これは裏ワザというほどではありませんが、カメラのシャッターも実は別のボタンで代用が可能になっています。それは音量の+ボタンです。

 

211

 

画面上のシャッターボタンだけではなくこのボタンも可能なので、iPhoneを構えた際に左手の親指でそのままシャッターがきれるのです。これは純正のイヤホンについている音量の+ボタンでも可能になっています。

 

 

スクリーンショットにしてもスリープボタンを押しながらホームボタンを押すといったような少し特殊な使い方になっています。このように知っていると便利な機能はいろいろあります。いろいろ調べて探してみましょう。

 

 

目からウロコの機能があるかもしれませんよ。