こんにちは、店長の西野です。

 

今回は巷で話題になっている「iPhone 6s・6Plus」に当たり外れがあるという

話題について調べてみました。その内容というのが、使われているチップ

「A9プロセッサ」の製造会社でバッテリーの持ちが変わるというもの。

この「A9チップ」を作っているのが2社あり、台湾の「TSMC」社製のものと

韓国の「サムスン」社製のものが出回っています。

 

わたしが詳しく調べようと思ったきっかけとして、当初「サムスン製が搭載されて

いるものは、TSMC製が搭載されている機種よりバッテリーが2時間ほど早く

切れてしまう」という記事を見かけたからです。ちなみにわたしが購入した

iPhone6sはサムスン製のものが搭載されていました。確認方法は「App store」で

「Battery Memory System Status Monitor」というアプリをダウンロードして

IMG_2414

アプリを開いて上部のシステムタブを開くと、下記のような画面が出てくるのですが、

IMG_2415

Modelの部分を見て、6sの場合「N71AP」はサムスン製、「N71mAP」はTSMC製

6s Plusの場合だと「N66AP」はサムスン製、「N66mAP」はTSMC製ということが

わかります。

 

ですが、このまま自分の購入したiPhone6sがハズレだと思いながら使うのは

癪なので、さらに詳しく調べてみることにしました。すると先日見た「2時間ほど

少ない」という記事がある一つのベンチマークの結果で、日常生活で使うような

用途は想定されていないというのがわかりました。

全世界の色々な方が様々なベンチマークテストを行った結果、どちらかが一方的に

上回っているということはなく、CPUやGPUの性能差は2%以内に収まっていて、

ほぼ同性能といっても過言ではないという結果になっています。

 

そして最後に気になるバッテリー性能の差ですが、複数のテストで時間や温度、

全てにおいてサムスン製のものがTSMC製のものを上回る結果となっています。

ちなみにアップルも2~3%の範囲に収まるか、もしくは感知できないレベルだと

示唆しています。

 

これでやっとわたしも安心してiPhoneを使えるようになりました(笑)

実際に同じ使い方をしても、せいぜい5~15分程度の差しか出ないということなので、

みなさんも特に気にせず iPhoneライフをエンジョイしましょう。