パソコン動作が遅くてお困りではないですか?(ディスククリーンアップ編)

 

パソコン動作が遅くてお困りではないですか?

 

買った当初は動作も快適、さくさく動いていたパソコン・・・それが気がつけば、電源ボタンを押しても立ち上がりに5、6分、ホームページを読み込むのにも時間が掛かる、イライラパソコンになっていませんか?

スポンサードリンク

 

パソコンのハードディスクも人間の頭と同じのようなもので、長年使っていれば、人間が日々記憶を溜め込むみたいに、たくさんのデータをハードディスクの中へ蓄積させていきます。人間が昔のことを思い出そうとすると、現在までの長く積み上がった記憶が、昔の記憶を引き出しにくくするように、パソコンも長年使用し、ハードディスクへデータが溜まれば溜まるほど、引き出すのに時間が掛かってしまうのです。

 

人間が生きていく中で忘れたい、いらない記憶をたくさん溜め込んでしまうように、パソコンも不要で動作を遅くしてしまうファイルをたくさんハードディスクへ溜め込んでいます。[ディスククリーンアップ]は、これらのファイルを探し出して削除してくれます。パソコンも人間と同じように、いらないことは忘れてしまったほうが動作が早くなるのですね。

 

それでは不要なファイルを削除してみましょう。

 

まず[スタート]ボタンを押します。

1

 

 [スタート]メニューが表示されたら、[コンピューター]をクリックします。

2

 

クリーンアップしたいハードディスクを選びます。ここでは[windows(C:)]ハードディスクドライブです。このアイコンを右クリックし、[プロパティ]を選択します。

 

 

3

 

[ディスクのクリーンアップ]ボタンをクリックします。

4

 

[ダイアログボックス]から、いらないファイルを選択し、OKをクリックします。

いらないファイルがわからない場合は、そのままOKをクリックします。

(注)説明の欄を読み、不要なファイルかどうか確認し、ファイルを選択しましょう。

すると、「これらのファイルを完全に削除しますか?」と出るので、ファイルの削除をクリックします。

5

これで、ハードディスクにあった一時ファイルなどの不要なデータが削除されます。

場合によっては一時ファイルが1ギガバイトも溜まったりすることもあるので、気がついた時にディスクのクリーンアップをして、いらないデータをハードディスクから削除してあげましょう。

 

しかし、どれが必要なファイルで、どれが不必要なファイルなのかは、ある程度パソコンを知っているでなければわからないものです。パソコンの動作を快適にする方法は、ほかにも多々あり、ある程度知識を持っていなければ、なにもわからないまま動作が遅いままのパソコンを使い続けることになってしまいます。

 

パソコンの動作が遅くなってしまい困ったときは、是非、パソコンの修理屋さんへお立ち寄りください。