パソコンを購入して、まずインストールしたソフトといえば、officeがダントツで多いのではないでしょうか?

 

しかし、職場や学校などでも使われ、根強い人気があるmicrosoft Officeは全て揃えようすると30000円近く費用が・・・なかなか手が出ないものです。

スポンサードリンク

 

必要な分だけ揃えようとしても、マイクロソフト Excelは単品で15000円ほど、これならば二つ以上officeを買うならば、マイクロソフト Office Home and Businessなど、すべてのオフィスが入っているパック(約30000円)を買い、全部揃えてしまったほうがお得なのでは?という気持ちにもなります。

 

そこで今回はマイクロソフト以外にもあるOfficeソフトを紹介します。

 

 

まずはパソコンの修理屋さんでも使われているkingsoft Officeです。

of1

価格は4000円~5000円ほど、この価格ですべてのOfficeソフトが揃います。

そして、kingsoft Officeの強みはマイクロソフトOfficeと互換性を持っていることです。

Kingsoft Officeで作成したファイルは、マイクロソフトOfficeで使用しても使える場合が多いのです。

世間ではマイクロソフトOfficeのシェアがほとんどなので、もし他のパソコンでもOfficeソフトを使いたいという方はこのソフトを使ってみてはどうでしょうか?

 

次に紹介するのはEIOfficeです。

of3

こちらは販売価格3500円ほど。

こちらもマイクロソフトOfficeとの互換性をもっています。

ただこのソフトのレイアウトはオリジナルなので、Kingsoft Officeの方がマイクロソフトOfficeを使い慣れている人にとってはいいかもしれません。

 

 

そして最後に紹介するのは無料でダウンロードが出来るOfficeです。

of4

それがこちらLibreOffice

ちなみにこの記事はLibreOfficeを使用して書かれています。

Officeというものは昔からあって、ほとんど仕様は変わらないので、わざわざOfficeに高いお金を払いたくないという方はこちらを使ってみるのもいいでしょう。

 

ちなみにパソコンの修理屋さんではkingsoft Officeを取り扱いしています。

お安くOfficeソフトをお求めになりたい方は、是非パソコンの修理屋さんにお立ち寄りください。