音楽再生ソフトでwindows media playerを使用している方は多いのではないでしょうか?

Windowsを使っていれば、デフォルトのメディアプレイヤーとしてはじめからついてくるので、そのまま音楽プレイヤーとして使用されている方も多いと思います。

スポンサードリンク

先日、「Windows media playerCDを取り込んでて、mp3で取り込みたいけど、WMAファイル(Windows Media オーディオの略) というのになってしまい困る」という相談を受けました。

他にもお困りの方がいるかもしれないので、Windows media playerからMP3を保存する方法を簡単に説明します。

on1

まずWindows media playerを開き、[整理]をクリックし、[オプション]を選択します。

on2

このような画面が表示されたら、[音楽の取り込み]をクリックします。

on3

形式の項目が[Windows Media オーディオ (WMA]になっていますので、このダイアログをクリックし、[MP]を選択します。

on4

取り込みの形式が[MP3]に変更されました。

[適用]をクリックし、[設定]を保存してから、OKを押しましょう。

 

これで音楽ファイルを取り込む時、[MP3]として保存されるようになりました。

ちなみに他の項目・・・・。

on5

例えば、[WAV]を選択すれば、CDとほぼ同じ音質でデータを保存します。

MP3は容量を抑え、データを小さくするために圧縮しているファイルなので、

MP3じゃ嫌だ!」

という方はWAVファイルで保存している方もいます。

データのサイズはMP310倍ほどに膨れ上がる難点がありますが。

 

他にもパソコン関連でお困りのことがありましたら、気軽にパソコンの修理屋さんへお立ち寄りください。

パソコン修理のプロがあなたの悩みにお答えします。