いったいデスクとノート、どっちを買えばいいんだろう・・・。

みなさん一度は通ってきた道ではないでしょうか。

今となってはノートパソコンのほうが人気ですが、用途によってはデスクトップパソコンのほうが

実はよかったりするんです。

今回はそれぞれのメリット・デメリットについてご説明いたします。

スポンサードリンク

 

☆処理速度について

処理速度とは、パソコンの起動・終了・データの保存等にかかる時間のことです。

比較するとノートパソコンのほうが小型化されているため、同じ金額を出せばデスクトップのほうが

高性能なものが多いです。といってもノートが性能的に低いというわけではなく、特に高性能を

求めなければノートで十分でしょう。

 

☆設置場所について

ノートパソコンの魅力として、持ち運びが出来るということでしょうか。

対して、デスクトップはお部屋のどこかに固定しておかなければなりません。自分一人でよく使う場合は

デスクトップのほうがお勧めですが、家族と共用で使う場合はノートのほうがいいかもしれません。

 

☆モニタ(ディスプレイ)のサイズについて

パソコンの場所を動かす予定がないのであれば、断然デスクトップです。

その理由としまして、画面のサイズが全然違うことがあげられます。動画を観たり、DVDを観たりする際に

大画面のほうが迫力がありますよね。

そのほかにも、もしモニタが故障してしまった場合、デスクトップならモニタを変えるだけで済みますが、

ノートはそのものを交換しないといけない(もしくは修理にしても高額)からです。

本体だけでなく、モニタの事も考えてパソコンは選ばないといけません。

 

『パソコンの修理屋さん』では、多数のリフレッシュパソコンを取り扱っております。

結局どちらを買えばいいのかわからないというお客様の声を反映して、パソコンごとにお勧めポイントを

表示させていただいております。用途や設置場所等の相談も受け付けておりますので、是非一度

ご来店ください。きっとあなたにピッタリのパソコンが見つかると思います。