こんにちは、店長の西野です。

 

今回はWindowsの最新作『Windows9(仮)』の最新情報です。

Windows8が「使いにくい!」という方には朗報で、あの「スタートメニュー」がデスクトップに帰ってきます!

いったいどのようなプラットフォームになるのか、今から楽しみですね。

では、下記に記事の抜粋をいくつか載せていきます。

スポンサードリンク

 

マイクロソフト系の情報を専門に扱うPaul Thurrott氏が自身のWEBサイト上に掲載した情報によると、

米マイクロソフトが2015年4月にも「Windows 9」をリリースする計画であるとのことです。

 

この計画については、今年4月頃に開催が予定されるマイクロソフトの開発者会議「BUILD 2014」で

発表される見込みであり、ラピッドリリースサイクルを採用してからは初となる大型アップデートとなります。

 

マイクロソフトはWindows 8(8.1)から毎年のようにアップデートをする「ラピッドリリース(高速リリース)」を

採用しています。これは、タブレットやスマートフォンなどの進化が著しく、従来の『PC』を主体とした

リリース計画では市場の流れや顧客の要望に応えられないことを踏まえたものです。

 

実際、Windows 8.1が導入されてからはWindows 8.xに対する評判も(ネットの反応を見る限りでは)上々で

あり、調査会社Net Applicationsの最新結果ではシェアが10%を突破したとも伝えられています。

 

従来型のデスクトップPCやノートPC向けのバージョンではWindows 7と似たWindows Desktopが表示され、

Build 2014で披露された小さいスタートメニューが利用できるという。このスタートメニューは従来のような

ソフトウェアの一覧に加え、ライブタイルも表示される。

 

Surface Pro 3や中国LenovoのYogaシリーズのようにノートPCとしてもタブレットとしても使える端末の

場合は、キーボードが接続されているかどうかでWindows 8のようなスタート画面とWindows Desktopを

切り替えられるようになる。タブレット版のWindowsにはWindows Desktopの表示機能は搭載されない。

 

ThresholdのバージョンがWindows 9になるかどうかはフォーリー氏もまだ分からないとしている。

同氏によると、Thresholdのリリースの前に、Windows 8.1 Update 2が今夏にも実施されるという。

 

同氏はWindows 8.1 Update 2を適用したユーザーだけでなく、Windows 7 SP1ユーザーにもThresholdを

無償提供するとみている。米分析会社Net Applicationsが毎月発表している世界OS市場のバージョン別

シェアの5月の結果によるとWindows 7のシェアが50.06%でいまだトップで、Windows 8とWindows 8.1を

合わせてもまだ12.64%だ。

 

とのことです。

色々難しく書いてはいますが、結局何が言いたいかというと

 

・2015年春ごろ、Windows9が発売だよ!

・Windows8にはなかった「スタートメニュー」を新しく作ったよ!

・Windows8のシェアはまだ10%前後だよ!

 

ということです。

Microsoft社もいまだに根強い人気の「Windows7」に寄せてきた感じですね。

来年の春ということで、「もう新しいの出すの!?」という方もおられますかと思いますが、いま発売されている

Windowsはまだまだ長く使えます。

Microsoft社のサポート終了までは問題なく使えますので、急いで乗り換える必要はありません、ご心配なく。

 

いまから新しいWindowsが楽しみですね。

パソコンの修理屋さんでもWindows9(仮)は取扱予定です!(宣伝)

新しい情報は随時、更新していきますのでお見逃しなく。

 

では、よいパソコンライフを!