世界的に普及しているiPhoneですが、今後もますます便利な使い方が増えていきます。その一つが今年から始まるのCarPlayです。CarPlay対応車にiPhoneを持って乗車して、ケーブルに接続します。車搭載のモニターにiPhoneと連携した画面が表示されます。

CarPlay-wide

 

秘書機能アプリのSiriに話しかければ、電話をかけてくれますし、メッセージも読み上げてくれます。音声入力でメッセージも送ってくれます。その他にも、音楽もダウンロードしてあるものを流してくれますし、カーナビとしても使えます。今はスマホをカーナビ代わりに使ってる方も多くいますが、より大きい画面で使えるのでいいですね。

スポンサードリンク

もちろんタッチパネルでも操作できますが、手元のノブやスイッチでも簡単に操作できます。iPhone本体に触らずに操作できるので、運転に集中したまま安心して使えますね。

 

提携メーカーも増えており、7月1日には、Abarth、Alfa Romeo、Audi、Chrysler、Dodge、Fiat、Jeep、マツダ、Ramの9社が新たに参加を表明して、2014年7月現在で29社が提携を表明しています。

yu_carplay1

日本の国内メーカーの他、海外の有名メーカーも多く参加を表明していますので、今後はiPhondeでCarPlayが当たり前の時代になりそうですね。特にFerrari、HONDA、HYUNDAI、Mercedes-Benz、VOLVOの5社からは2014年度中にCarPlay対応車が販売される予定になってます。国内メーカーのHONDAからも出ますので、日本でもあちこちで見かけるようになるんじゃないでしょうか。

また、パイオニアからもCarPlay対応のカーナビが販売される予定で、既存の車でも対応カーナビを取り付けることによって、iPhoneとの連携ができるようになります。

 

日本では普及率の高いiPhoneが、iPhone6の発売もあって、来年もますますシェア拡大していきそうです。「パソコンの修理屋さん」でもiPhoneを取り次ぎしてますので、お気軽にお越しください。

お問い合わせは0120-39-7980まで