今や社会問題となっている認知症。官民あげて対策に取り組んでいる認知症の予防ですが、パソコンを使うことで予防につながることもあるようです。

スポンサードリンク

 

たとえば、財団法人東京都老人総合研究所の地域型認知症予防プログラムを活用して、パソコン教材開発会社が開発した「認知症予防講座」というものがあります。同研究所の認知症予防プログラムは、脳を活性化するための有酸素運動や知的活動を習慣化することを支援するものです。この中で注目されたのがパソコンの操作です。パソコンを使う際には、手を動かすことで脳に良い刺激を与えますので、認知症の予防に役立つとされています。

また、他者とのコミュニケーションを図ることができる旅行なども、同じく認知症の予防に役立つとのことです。ということは、パソコンで旅行の計画を立てて、楽しく旅行することで、大幅に予防につながるということですね。

 

この予防講座では、61組でパソコンの基礎や文字入力・インターネットの使い方などを学べるそうです。その後、インターネットで情報を集めて旅行の計画を立てて、実際に計画通りに旅行に行きます。その上、帰ってきた後はパソコンで写真アルバムを作成するというのですから驚きです。

こういったパソコンの操作を、仲間同士で楽しく学びながらおこなえるのでしたら、認知症の予防に役立つというのも頷ける話です。

f5b07ba1fe7446c4b89be1ccc481e7f5

今やネット社会になっており、ご年配でパソコンは不得手という方の中にも、「パソコンを使ってみたい」という興味を持ってらっしゃる方はいらっしゃいます。ただ、よく分からないからと諦めてらっしゃいませんか? 「パソコンの修理屋さん金沢東力店」では、そんなお客様のご相談も承ってます。パソコンの見繕いから、インターネット回線の手配、パソコンの設定、使い方レクチャーまでさせていただいてます。ご相談は無料で承っておりますので、ご興味のある方は安心してお問い合わせください。

 

お問い合わせは0120-39-7980まで